ペポリ宮殿(ボローニャ歴史博物館)

マーカーはペポリ宮殿(ボローニャ歴史博物館)です。

ペポリ宮殿(Palazzo Pepoli)
[ペポリ宮殿(通常、ペポリ・カンポグランデ宮殿(Palazzo Pepoli Campogrande)と区別するためにペポリ・ヴェッキオ宮殿(Palazzo Pepoli Vecchio)と呼ばれます)は、カスティリオーネ通り(via Castiglione)の2つの塔の近くのボローニャの中心に位置する歴史的な建物です。
宮殿の最初の建物は、タデオ・ペポリ(Taddeo Pepoli)によって1344年に建設されました。ペポリはボローニャの最初の領主でした。タデオ建設の建物は、堀と跳ね橋で保護された厳重な建物で、中には代表的な住居があり、高貴な中庭、壮大な階段、レセプションホール、豪華で豪華なスタッコ装飾がありました。銃眼付きのコーニスの下には、黒と白の正方形のバンドがまだ塗装されており、ペポリの紋章のように市松模様のように配置されています。
1360年、ローマ使徒座(Santa Sede)はグレゴリオ大学の所在地となった使徒会議所(ローマ教皇庁の金融機関・Camera apostolica)に宮殿を割り当てることで宮殿を没収しました。1474年から、建物はペポリ家の手に戻り、ペポリ家は何世紀にもわたって建物を増やしました。 最後の翼は1723年に建てられました。
1887年、家族の最後の男性子孫であるフェルディナンド・ペポリ(Ferdinando Pepoli)は、宮殿の主要部分をペポリ一族のシチリア分枝であるトラーパニのアゴスティーノ・ペポリ(Agostino Pepoli)伯爵に売却しました。
1910年3月23日にペポリ(Agostino Pepoli)伯爵の死後、遺言により、ボローニャ市がペポリ博物館を設立し、一般公開することを条件に、伯爵所有のカスティリオーネ通り(via Castiglione)6、8、10番の一部の土地と建物、建物1階の芸術作品を所有しました。1913年、ボローニャ市はペポリ図書室を市立図書館に移し、他の個人から残りの部分を取得し、1年後に地元のカッサ・ディ・リスパルミオ(Cassa di Risparmio)に売却しました。1930年代には、建築家グイドズッキーニ(Guido Zucchini)によって修復作業が行われました。
ボローニャ歴史博物館
2003年にボローニャのカッサ・ディ・リスパルミオ財団の資産から取得したこの建物は、建築家マリオ・ベリーニ(Mario Bellini)による復元と博物館への改修があり、2012年1月からボローニャ歴史博物館(Storia di Bologna)の本拠地です。
ボローニャ歴史博物館のあるペポリ宮殿の入り口・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ペポリ宮殿の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Palazzo Pepoli Vecchioホームページ」

ボローニャ歴史博物館 / ほとんど一人旅

[学校は、ボローニャのチェントロストーリコ(旧市街)にあり、14世紀に建てられたボローニャ最初の領主の館ペポリ宮殿の中にございます。
この宮殿は、ボローニャ歴史博物館も内部にあり、街の名所の一つとなっています。装飾や建築様式は、中世を感じさせます。学校内は、スペースにゆとりもあり広々として明るく、落ち着いた雰囲気です。  (「ボローニャ留学 – Serenitalia イタリア留学・滞在サポート」より)]

Palazzo Pepoli – Museo della Storia di Bologna – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がペポリ宮殿(ボローニャ歴史博物館)です。

ボローニャ歴史博物館中庭エントランスホールのカメラです。

ボローニャ歴史博物館2階ミーテングルームのカメラです。