ポデスタ宮

マーカーはポデスタ宮です。

ポデスタ宮(Palazzo del Podestà)
[ボローニャのポデスタ宮は、市の中心部にあるマッジョーレ広場と、ボローニャ市庁舎サン・ペトロニオ聖堂を見渡せます。
ポデスタ宮殿は、公共機能を実行するための建物としてマッジョーレ広場とともに1200年頃に建てられました。 エンツォ宮殿は1244年から1246年の間に建てられたため、現在のレイアウトは元のレイアウトとは大きく異なります。
ポデスタ宮のヴォトーネ・デル・ポデスタ(Voltone del Podestà)の下を横切る2つの道路が交差する大きな建築物で、その上には、その上にいわゆるアレンゴの塔(Torre dell’Arengo)がそびえています。アレンゴの塔は、1212年に建てられた木造の建物を、1259年アルベルトディS.ピエトロ(Alberto di S. Pietro)によって建て替えられた四角形のテラコッタの塔です。
1453年、アリストタイル・フィオラバンティ(Aristotile Fioravanti)は現在の鐘(campanazzoと呼ばれる)を置き、ジョヴァンニ2世ベンティヴォリオ(Giovanni II Bentivoglio)の要請でルネサンス様式ロマネスク様式ファサードを更新しましたが、ベンティヴォリオ家の追放のために完成しませんでした。
1階の素晴らしいサローネ・デル・ポデスタ(Salone del Podestà)は、かつては法廷でしたが、1581年から1767年まで公共劇場として使用されました(1616年、ユーリディス(Euridice)の第2版が上演されました)。後にpalloneの競技場として使用されました。20世紀初頭にアドルフォ・デ・カロリス(Adolfo De Carolis)によって「I Fasti dellaCittàdi Bologna」というミケランジェロ風フレスコ画が描かれました。絵の内訳は、エトルリア人の時代、ローマ人の到着、エンツォ王の捕獲による自由な自治体から、1256年の出来事、公共の資金を利用して封建的農奴廃止と奴隷の解放を訴えていた天国法(Liber Paradisus)という題の画を含む、都市の主役と最も重要なエピソードを描いています。天井のフレスコ画は、第二次世界大戦後に復元されましたが、残念ながら現場に展示されませんでした。
建物の下部には、それぞれが異なる花をモチーフにした数百のパネルが飾られています。ポデスタ宮殿は、わずか40年のに1245年にエンツォ宮殿の管理に入りました。市行政への大衆の参加をホストするには不十分であることが判明したためです。
ポデスタ宮殿とレエンツォ宮殿の間には、ヴォトーネ・デル・ポデスタ(Voltone del Podestà)があります。ヴォルトーネ・デル・ポデスタは、1525年にアルフォンソ・ロンバルディ(Alfonso Lombardi)によって作られた、街の守護聖人、聖ペトロニウス(Petronio)、聖プロクルス(Procolo)、聖ドミニコ聖フランシスを表すテラコッタ像が設置されている4つの柱で支えら、アーケード(ポルチコ)の十字路になっています。アーケード(ポルチコ)は、もともと市場と公証人の待機の場所でした。その後、ヴォトーネ・デル・ポデスタは、絞首刑が行われる場所として知られ、人々への警告としてマッジョーレ広場の側からはっきりと見えました。現在でもまだロープが固定された梁を見ることができます。Voltoneには音響特性があり、実際にVoltoneの4つのコーナーの1つに面で低い声で話すと、常に壁に面している反対側のコーナーの1つにいる人は、どんなささやきでもはっきりと聞くことができます。
南西方向から見たポデスタ宮・wikipedia-photo、南東方向から見たポデスタ宮・wikipedia-photo、バンキ宮殿上から見たポデスタ宮・wikipedia-photo、夜のポデスタ宮・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ポデスタ宮殿の画像またはその他のファイルが含まれています。]

[マッジョーレ広場にあるポデスタ宮殿の花柄のポルティコは1485年にルネサンス様式に改築された部分。そのアーケードの中に観光案内所があります。ボローニャに関する情報を英語で何でも聞ける他、ボローニャのグッズも販売しています。  (「ボローニャ旅行情報サイト:現地スタッフがイタリア各都市の観光 ..」より)]

[ツーリストインフォメーション — マジョーレ広場にある古い建物の1階にある。街中にあるツーリストインフォメーションはこの1か所のみで、鉄道駅などにはツーリストインフォメーションがない。無料の地図がもらえるほか、ボローニャ観光に関連した情報を聞くことができる。ツーリストインフォメーション内に、ホテルの予約や鉄道の切符の手配などを扱っているカウンターも併設されている。ツーリストインフォメーションのホームページから観光地図のダウンロードができるので、あらかじめ入手しておくとよいだろう(ツーリストインフォメーション以外の場所では入手しづらい)。 所在 Piazza Maggiore 電話 (+39-051) 239-660 時間 月~土:9:00~19:00、日・祝日:10:00~17:00。12月25日・26日、1月1日とイースターは休み。
ツーリストインフォメーション・wikitravel-photo   (wikitravel・ボローニャより)]

Palazzo del Podestà, Bologna – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がポデスタ宮です。

ポデスタ宮ツーリストインフォメーション前のカメラです。ポルチコ前の幕にTourist officeと記されています。

ヴォトーネ・デル・ポデスタ(Voltone del Podestà)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*