マッジョーレ広場

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示され、ページリンクが記述されています。

    マッジョーレ広場
    [ボローニャの中心地はマッジョーレ広場Piazza Maggiore(13世紀)に当たり、主な歴史建築がここに集中しています。  (「芸術文化、ビジネス、ショッピングの都 ボローニャ Bologna citta …」より)]

    [地理的にも政治的にも800年にわたりボローニャの中心であり続けるマッジョーレ広場。ピンクと白で彩られた広場はその四方を歴史的建造物に囲まれています。南は広場の床と同色の聖ペトロニオ大聖堂。西の市庁舎は既に完成していたアックルージオの塔を包み込む様に1287年から建築が始まり、北に向けて15世紀半ばまで増築されました。大聖堂の向かいはポデスタ宮殿。市庁舎の向かいはバンキ宮殿。この広場の知る人ぞ知るお勧めスポットはポデスタ宮殿のアレンゴの塔(1212年建造)の真下の空間。鐘は市民への警報として使われました。四人の守護聖人の像がある四隅の壁に向かって二人で対角線上に互いに背を向けるかたちで立ってみてください。壁に向かって話しかけると相手がまるで壁の中にいるかの様に聞こえますよ。以前はこの場所から四方に、政治の中心である市庁舎、経済の中心である市場、宗教の中心としてカトリック教会の司教がいる聖ピエトロ教会(現在は手前に別の建物があり見えません)、中世の自治都市ボローニャが自由の象徴として建てた聖ペトロニオ大聖堂を一望することができました。都市にとって政治、経済、宗教、自治がそれぞれ重要であることを意味していました。  (「ボローニャ観光の中心地マッジョーレ広場 Piazza Maggiore …」より)]

    マッジョーレ広場 – Google Map 画像リンク

    カメラ位置はマッジョーレ広場で、カメラ西南西方向中央がノタイ(公証人)宮殿、右がボローニャ市庁舎、左がサン・ペトロニオ大聖堂です。また、カメラ北方向がポデスタ宮、カメラ東方向がバンキ宮殿です。

    マッジョーレ広場夜のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *