マドンナ・ディ・サン・ルカ教会

マーカーはマドンナ・ディ・サン・ルカ教会です。

マドンナ・ディ・サン・ルカ教会(Santuario della Madonna di San Luca)
[マドンナ・ディ・サン・ルカ教会(San Lócca in bolognese)は聖母マリアに捧げられたバシリカで、ボローニャの歴史的中心部の南西部、標高280 mガーディアの丘の上にあります。「ディ・サン・ルカ(di San Luca)」として知られる聖母子のイコン(Icona)を崇拝する巡礼者の目的地であるため、この都市の歴史上重要な聖域です。聖域は、サラゴッツァ門からサラゴッツァ経由で記念碑的なメロンチェッロの門(1732)と交差し、急な聖域に登る長くて特徴的なアーケード通りを通って到達できます。
聖母子を描いたイコンの到着に関する伝説は、15世紀のボロネーゼ法学者(giureconsulto)であるグラツィオーロ・アカリシ(Graziolo Accarisi)の記録で遅ればせながら語られています。それは、碑文に示されているように、コンスタンティノープルへの巡礼で、聖ソフィア大聖堂の司祭から、福音伝道者サン・ルカに起因する絵を「護衛の山(Monte della Guardia」に連れて行くために受け取ったギリシャの巡礼者隠者について語っています。したがって、隠者はイタリアの「護衛の山(Monte della Guardia)」を探しに出発し、彼が知っていたのはローマだけでした。ローマでボローニャの上院議員パスチペベロ(Pascipovero)から、この山がボローニャの近くにあることを知りました。 エミリアの街に到着すると、彼は市当局に歓迎され、聖母子のイコンは山まで市民の行列によって運ばれました。
やがて、伝説は、想像力や歴史的著者の推測によって提示された詳細によって豊かになりました。1539年、レアンドロ・アルベルティ(Leandro Alberti)はボローニャの聖ルカ・デル・モンテ・デッラ・グアルディア(S. Luca del Monte della Guardia di Bologna)の栄光ある聖母の年代記を発表し、そこで彼はイコンの到着日として1160年を想定しました。1603年、ヴェネツィアの作家ルクレツィア・マリネッリ(Lucrezia Marinelli)は、イコンに小さな詩を含む神聖な韻の作品を発表しました。ギリシャの巡礼者は「ユーティミオ(Eutimio)」と呼ばれています。
1192年7月30日付の文書では、ケークル・デイ・ボンファンティーノ(Caicle di Bonfantino)の娘、アンジェリカ・ボンファンティーニ(Angelica Bonfantini)は 礼拝堂と教会を建設する目的で「護衛の山(Monte della Guardia)」で自らを人生に捧げることにしたと記されています。
彼女はレーノのサンタ・マリア教会の女性の支部で誓願を立て、「護衛の山(Monte della Guardia)」に所有する土地を寄付し、教会の建設の助けと修道士の食料を求めました。しかし、譲渡された資産および信徒の供え物から得られたであろう資産の使用権および収入は留保されました。
翌年、アンジェリカは教皇ケレスティヌス3世(在位:1191年 – 1198年)の関心を獲得し、1193年8月24日付の文書で、ボローニャのヘラルド・ディ・ギスラ(Gerardo di Gisla)司教に、アンジェリカの要請で、ローマから直接運ばれ、教皇自身によって祝福された「衛兵の山に建てられる新しい教会」の礎石を置くように命じました。礎石は1194年5月25日に敷設されました。
新しい聖域はすぐに巡礼の目的地になり、場所の重要性が高まるにつれて、アンジェリカとレーノのサンタ・マリア教会の聖職者の間で、1192年の贈り物の行為の法的解釈に関して紛争が生じました。
アンジェリカに有利な最初の判決は、1195年2月25日にケレスティヌス3世(在位:1191年 – 1198年)によって出されましが、それに対してレーノの人々は反対しました。
状況への転換点は、教皇が1197年11月20日付の法律とともに、「教会とその民、所有するすべての財産」を1ポンドの年収と引き換えに受け取ったときでした。
1198年1月8日にケレスティヌス3世が亡くなり、代わりに教皇インノケンティウス3世(在位:1198年 – 1216年)が選出されました。教皇は、教皇の権限を確認し、法的な紛争を解決しました、アンジェリカとレーノの人々との合意は、宗教的な拘束ではなく、単なる約束であると見なされることの決定をしました。レーノの人々は、何度も敗北した後、合意を求めて再び訴えました。
論争は1206年3月13日に終了し、レーノの人々によるアンジェリカへの土地、教会、および関連する権利が放棄されました。
1244年頃に起こったアンジェリカの死後、オッタヴィアーノ・ウバルディーニ(Ottaviano Ubaldini)枢機卿は教会の管理と«tutte le ragioni, i privilegi e le pertinenze»をアウグスティヌス修道会所属の修道女バレナ(suor Balena)と修道女ドナ・マリーナ姉妹(suor Dona e suor Marina)を含むエレモ・デイ・ロンツァノ(Eremo di Ronzano)修道院に委託しました。1258年1月28日、彼女らは教皇アレクサンデル4世(在位:1254年 – 1261年)から、サンタ・マリア・デル・モンテ・デッラ・グアルディア(Santa Maria del Monte della Guardia)教会のボローニャの司教の支配からの免責を得ました。
1278年、ラティーノ(Latino)枢機卿の要請で、アウグスティヌスの修道女はドミニコ会に所属しました。 
1290年に、修道女たちはサラゴッツァ門(現在のサンジュゼッペ教会のある場所)にサン・マッティア教会専用の新しい修道院を建てることが許可され、1357年に解体されましたが、1376年に壁の内側に再建されました。      
2人の修道女のコミュニティはサン・マッティア教会の1人の司教代理によって統治され、「護衛の山(Monte della Guardia)」は2年ごとに交代する9人の修道女が支援する司教代理の権限のもとでの宗教的組織(vicariate)によって統治されました。サン・マッティア修道院の繁栄の高まりにより、1438年3月3日に教皇エウゲニウス4世(在位:1431年 – 1447年)は「護衛の山(Monte della Guardia)」を彼に服従させるよう命じました。
ボローニャの政治的不安定と地方分権化により、長年の衰退の後、聖域は『1433年の春から降り始めた雨がなかなか止まず、農作物の生育や収穫が危ぶまれたため、同年7月5日祈願を込めてこの絵をボローニャ中心街へ移すことに決めた。そして絵を運ぶ長い行列が街へ着いた途端に雨が止んだという。』いわゆる1433年7月5日の「雨の奇跡」によって盛況になった巡礼のおかげで再び幸運を知った。そして、個人やサンタ・マリア・デッラ・モルテ(Compagnia di Santa Maria della Morte)からの数多くの寄付(市内滞在中に神聖なイメージの世話を委ねられていた)により、1481年に建物を完全に改修することができました。長方形の身廊で構成され、天井は交差ヴォールトで覆われ、イコンが保管されていた多角形の礼拝堂が整備されました。南側には、サン・マッティア修道院の修道女が位置する修道院があり、聖域の維持を担当していました。
メインチャペルは1603年から1623年にかけて拡大装飾され、鐘楼は1609年から1616年に再建されました。教皇の使徒であるラザロ・パラヴィチーニ(Lazzaro Pallavicini)の遺言の遺贈のおかげで、1696年に新しい建設が始まり、教会のさらなる拡張と拡張、そして4つのサイドチャペルの追加につながりました。1708年から、カルロ・フランチェスコ・ドッティ(Carlo Francesco Dotti)とドナト・ファサーノ(Donato Fasano)が建設を監督しました。これにより、ジョバンニ・アントニオ・フェッリ(Giovanni Antonio Ferri)が設計し、石工アンジェロ・ランゲリ(Angelo Rangheri)によって作られた多色大理石の新しいバロック式の祭壇で飾られた、より豊かな新しい主要なチャペルが作成されました。
現在の建物
現在の建物は、1723年に決定され、楕円形の計画を構想したアンドレア・サキ(Andrea Sacchi)に仕えた修道士の考えに従って、カルロ・フランチェスコ・ドッティ(Carlo Francesco Dotti)の指導の下で旧教会は取り壊され、再建されました。作業は巡礼者の参詣を妨げることなく行われました。実際、新しい建物の壁は古い建物の周りに建てられ、1743年に作業が完了した後に取り壊されました。最後に、内装は1748年に完成しました。 翌年には再び主要な礼拝堂が改修されました。
1765年3月25日、42年間の仕事の後、ヴィンチェンツォ・マルヴェッツィ(Vincenzo Malvezzi)枢機卿・大司教が新しい聖域を開設しました。
ドームファサードトリビューン、側面の外装は、1774年にジョヴァンニ・ジャコモ・ドッティ(Giovanni Giacomo Dotti)が彼の父親が残した図面によって仕上げました。
ナポレオンの法律により1799年2月11日に聖域を委ねられた、聖マティアス姉妹のドミニコ会修道院は、それを放棄しなければなりませんでした。ドミニカ会が1824年まで引き継ぎ、それ以来、聖域は大司教教区牧師が率いる教区司祭によって運営されてきました。
1815年、アンジェロ・ヴェントゥロリ(Angelo Venturoli)のデザインに基づいて、新しい作品がメインチャペルを大理石で覆い、新しい大理石の祭壇を建設しました。
サンルカの聖域は、1874年に国定記念物として宣言され、1907年に教皇ピウス10世(在位:1903年 – 1914年)によって小聖堂の尊厳を持ちました。
ドームは1922年から1950年の間に装飾されました。 前庭は、ジョバンニ・バッティスタ・ナサリ・ロッカ(Giovanni Battista Nasalli Rocca)枢機卿の要請により、1938年から1950年に再配置されました。
1930年から1994年までは、女性の孤児院が活動し、まず聖域自体の下の部屋に収容され、その後「孤児(le orfanelle)」と呼ばれるアーケード沿いの新しい建物に移されました。
1931年から1976年までは、1976年に廃止されたパノラマケーブルカーによって聖域に到達することができました。
プロナオスと聖域のファサード・wikipedia-photo、聖域の内部・wikipedia-photo、ドーム・wikipedia-photo、サンルーカのアーケードを垣間見る・wikipedia-photo、サンルカのマドンナのイコン・wikipedia-photo、聖域の主祭壇・wikipedia-photo、「サンマルコの像、バーナーディーノ・カメッティ作」・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、マドンナ・ディ・サン・ルカ教会に関する画像やその他のファイルが含まれています。]

Santuario della Beata Vergine di San Luca – Google Map 画像リンク」「Dome of San Luca – San Luca Sky Experience – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がマドンナ・ディ・サン・ルカ教会です。

マドンナ・ディ・サン・ルカ教会身廊のカメラです。

マドンナ・ディ・サン・ルカ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*