レーノ運河(Canale di Reno)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    レーノ運河(Canali di Bologna – Canale di Reno)
    [レーノ運河(Canale di Reno) – レーノ運河12世紀に建設され、レーノ川のカザレッキオの堰堤(Chiusa di Casalecchio di Reno)から配水されるため、レーノ運河と付けられました。堰堤から6キロメートル後、運河は街に入り、17世紀の終わり(1681年)に革加工用工場として建てられた、Opificio della Gradaと呼ばれる建物を通過し、レーノ運河に囲まれていたサンタ・マリア・デッラ・ビジターツィオーネ・アル・ポンテデッレラメ(Santa Maria Delle Visitazione al ponte delle Lame)教会を通過し、その先でカヴァティッチョ運河(Canali Cavaticcio)とモリーネ運河(canale delle Moline)の2つの分岐に分かれ、その2つはナヴィレ運河(canale Navile)が始まるナヴィレ港(長さ76メートル、幅11メートル)で再び合流します。
    カヴァティッチョ運河(Canali Cavaticcio) – カヴァティッチョ運河はレーノ運河から始まり、古代のVallescura川の河床を利用しています。過去には、一連の製粉所とNavile港に水を供給していました。第二次世界大戦中に避難所として使用され、1943年 9月に爆撃により打撃を受け、被害を受けました。1995年以来、15メートルの自然勾配を利用する小さな水力発電所が稼働しています。
    モリーネ運河(canale delle Moline) – レーノ運河の2番目の支線であるモリーネ運河は、9回もの落差を行い、15の製粉所に給水し、ナヴィレ運河に再び合流します。モリーネ運河には途中サーヴェナ運河(Canale di Savena)およびアポザ川(Aposa)が合流しています。]

    [チネテカ本館のあるリーヴァ・ディ・レーノ通りは、日本語に訳せば「レーノ川の岸辺通り」とでもなりましょうか、その名が示すとおり、ボローニャの西を流れるレーノ川と密接な関わりがあります。ボローニャ人にとっては重要な河川で、その重要性は市民の余暇のためのみならず、古くは人や物資の運搬に用いられた歴史からも明らかです。そのレーノ川と市街地の物流を可能にしていたのがレーノ川水路(Canale di Reno)で、ボローニャに暮らす人々の中でも意外に知る人は少ないですが、中央分離帯の駐車場を挟むように車線が対向している現在のリーヴァ・ディ・レーノ通りの下を今もこの水路は流れているのです。したがって、今ではその実感を失ってしまいましたが、この通りは「レーノ川(に端を発する水路)の岸辺」なのです。
    運河が建造された正確な時代は明らかにされていませんが、1527年には運河の両岸を結ぶ橋の上にサンタ・マリア・デッラ・ヴィズィタツィオーネ・アル・ポンテ・デッレ・ラーメ教会(Santuario di Santa Maria della Visitazione al Ponte delle Lame)が建設されていますので、少なくともそれ以前であることは確かです。現在チネテカの本館とラボになっている建物の原型は、992年から修道院として用いられた場所にあります。1799年まで複数の修道院がまとまってあったようです。1801年からはこの修道院跡地でたばこ工場が創業され、 1960年に閉鎖されるまで続きます。
    1931年からは、それまで水の流れを眺めることができた水路に「ふた」をする工事が始まります。その模様を伝える写真や新聞記事も展示されています。この工事は1950年代中頃に完成し、現在のリーヴァ・ディ・レーノ通りの姿になったようです。写真で見る限り、水路を挟むようにしてあったリーヴァ・ディ・レーノ通りの趣もなかなかのものです。  (「シネマテークに潜入 その3 〜チネテカ後編〜 – 京都ドーナッツ …」より)]

    ボローニャの河川図

    Canali di Bologna – Google Map 画像リンク」「余水吐(Casa Del Ghiaccio) – Google Map 画像リンク」「Canale di Reno – Google Map 画像リンク」「Finestrella – Google Map 画像リンク

    カメラ位置はカザレッキオの堰堤で、カメラ北北東方向がレーノ運河になり、渇水期の為レーノ川の水はレーノ運河余水吐から流下しています。「La Chiusa di Casalecchio di Reno – Google Map 画像リンク

    Via della Certosa

    暗渠開始(Via Sacco e Vanzetti)

    サンタマリア教会とサンヴァレンティーノデラグラダ教会(Chiesa di Santa Maria e San Valentino della Grada)

    カメラ西南西方向が元革加工用工場(Opificio della Grada)で、カメラ位置からグラダ通り(Via Della Grada)が始まり、その先サンフェリーチェ通り(Via San Felice)からレーノ運河通り(Via Riva di Reno)になります。

    カメラ東方向がレーノ運河に囲まれていたサンタ・マリア・デッラ・ビジターツィオーネ・アル・ポンテデッレラメ(Santa Maria Delle Visitazione al ponte delle Lame)教会裏側です。

    カメラ南東方向にレーノ運河の除塵機が見えます。この地点でカヴァティッチョ運河(Canali Cavaticcio)とモリーネ運河(canale delle Moline)に分岐していると思われます。また、カメラ北西方向がボローニャ市立シネマテークです。

    カメラ位置は旧ボローニャ港(現カヴァティッチョ公園(Parco del Cavaticcio)です。また、カメラ西北西方向に塩鉱床として使用された古代の倉庫サラーラ(Salara)があります。

    カメラはモリーネ運河(canale delle Moline)開渠部分のカメラです。

    Pizzeria Don Micheleの窓から見たモリーネ運河

    カヴァティッチョ運河(Canali Cavaticcio)とモリーネ運河(canale delle Moline)合流点のカメラで、カメラ北東方向右の暗渠がモリーネ運河で、左の暗渠がモリーネ運河とカヴァティッチョ運河が合流してナヴィレ運河(canale Navile)となる暗渠です。