国立絵画館

マーカーは国立絵画館です。

[Google アートプロジェクト] – 「国立絵画館

国立絵画館(英語:Pinacoteca Nazionale di Bologna、イタリア語:Pinacoteca nazionale di Bologna)
[18世紀末にナポレオンによって廃止されたボローニャの教会や修道院から集められた絵画や彫刻が絵画館のコレクションの基盤となっています。1815年にナポレオンが退位した後フランスから取り戻した美術品も加えられました。13世紀から18世紀までのエミリア地方の画家の宗教画が中心。ジョットラファエッロ、カラッチ兄弟(アンニーバレ・カラッチアゴスティーノ・カラッチ)、グイド・レーニ等の絵画が展示されています。
30の展示室から構成されており、時代別に展示されている作品は大きく七つのセクションに分けられています。1200年代、ゴシック、1300年代とジョット、1400年代と人文主義、1500年代とマニエリズモ、1600年代とカラッチ兄弟及びグイド・レーニ、そして1700年代です。  (「ボローニャ国立絵画館(Pinacoteca Nazionale)について …」より)]

[ボローニャ国立絵画館は,18世紀末にナポレオンによって廃止されたボローニャの教会や修道院から集められた絵画や彫刻がコレクションの基盤となっている美術館である。この絵画館には,14世紀の画家,ヴィターレ・ダ・ボローニャ(Vitale da Bologna・1309頃~60頃)を中心とするボローニャエミリア学派の絵画も多数展示されている。写真2(wikipedia-photo)に示した『聖ゲオルギウスの竜退治』(1350年頃作,テンペラ,88cm×70cm)は,ヴィターレ・ダ・ボローニャの代表作品であり,この美術館の代表的な所蔵作品の一つでもある。アンテロス美術館では,『聖ゲオルギウスの竜退治』を手でみる絵に翻案しており,その翻案作品が,ボローニャ国立絵画館の原画展示場所の近くに常設展示されている。  (「イタリアにおける視覚障害者のための 「手でみる絵」の取組 …」より)]

ボローニャ国立絵画館の展示作品 (その6) : イタリア芸術を …」「ボローニャ国立絵画館の展示作品 (その7) : イタリア芸術を …

[アートギャラリールーム・wikipedia-photo、「ボローニャ、サンジョルジオ、ドラゴンのヴィターレ」・wikipedia-photo、「ジョット・ディ・ボンドーネ作、聖人と聖母子(ボローニャの多翼祭壇画)」・wikipedia-photo、「サンジャコモ作『クラビホの戦いでの擬似ジャコピーノ』(ca. 1315-20)」・wikipedia-photo、「フランチェスコ・フランシア(Francesco Francia)作『聖母に愛される子』(1498-1499)・wikipedia-photo、「ペルジーノ作『栄光と聖人の聖母』(1500)」・wikipedia-photo、「アンニーバレ・カラッチ作『キリストはいばらを冠した(Cristo incoronato di spine)』(1598-1600)」・wikipedia-photo、「グイド・レーニ作『サンソネ勝利』(1611)」・wikipedia-photo、「ドメニキーノ作『ヴェローナの聖ピエトロの受難』(1619-1621)」・wikipedia-photo]

国立絵画館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が国立絵画館です。

ボローニャ美術アカデミー入口のストリートビューです。

国立絵画館階段室のカメラです。カメラ東方向はガエターノ・ガンドルフィ(Gaetano Gandolfi・1734~1802)作『カナの婚礼(The Marriage at Cana)』(1766年)です。

国立絵画館ルーム21のカメラで、カメラ東方向左が、アボット・ニコロ作『アルキーナは彼の城でルッジェーロを受け取ります』、右が『アルジェーナの城から逃げるルジェロ』です。(wikipedia-photo)

国立絵画館ルーム23のカメラです。カメラ初期設定方向右壁手前が、ジョルジョ・ヴァザーリの「聖グレゴリオ・マーニョの晩餐」(commons.wikimedia・1540)、二つ目が、ロレンツォ・サバティーニ(Lorenzo Sabbatini)作『聖母被昇天』(commons.wikimedia・1569‐70)。左壁端が、ラヴィニア・フォンターナの『祭事のために横臥する幼児』(commons.wikimedia・1583c)、後ろ壁右、デニス・カルヴァルト(Denis Calvaert)作『キリストの鞭打ち』(commons.wikimedia・1575‐80c)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*