聖マリア・デッラ・ヴィータ教会

マーカーは聖マリア・デッラ・ヴィータ教会です。

聖マリア・デッラ・ヴィータ教会(Chiesa di Santa Maria della Vita)
[聖マリア・デッラ・ヴィータ教会は、ボローニャの歴史的中心部、マッジョーレ広場から徒歩ですぐのビアクラブ10にあります。
古代の財団のうち、中央楕円形計画を確立したジョヴァンニ・バッティスタ・ベルゴンゾーニ(Giovanni Battista Bergonzoni)によって1687-1690年に再建され、1世紀後の1787年にジュゼッペ・ツベルティーニ(Giuseppe Tubertini)はドームの名が冠されドームのジュゼッペ・ツベルティーニと建築家に歴史的に与えられたニックネーム(Terribilia)を授与されました。
ファサードは1905年に遡ります。
教会はとりわけ、Niccolò dell’Arca作の比類のない劇的な表現力の15世紀の彫刻の傑作『死んだキリストに対する嘆き(Compianto sul Cristo morto)』(Google Map 画像リンク)を保存することで知られています。
また、ドームで言及する価値のある4つのSibillaは、フォルリの彫刻家Luigi Acquistiの作品であるクマナ、フリジア、エリトリア、ペルシカです。
祭壇の脇の「ornu Epistulae(祭壇を見て右側)」には、ジュゼッペ・ゲルマンディ(Giuseppe Guermandi)によって制作され、Fabbrica Organi Ruffattiによって修復された美しいオルガンと、フランチェスコ・タドリーニ(Francesco Tadolini)による彫刻があります。
「聖マリア・デッラ・ヴィータ教会」・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、Niccolòdell’ArcaによるCompianto sul Cristo mortoの2人の人物(1463)・wikipedia-photo、「ドームの眺め。バックグラウンドにアシネッリの塔、ガリセンダの塔」・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、聖マリア・デッラ・ヴィータ教会にある画像やその他のファイルが含まれています。]

[マッジョーレ広場からすぐ近くにあるサンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会(Chiesa di Santa Maria della Vita、生命の聖マリア教会とでも訳せばよいのでしょうか)。マッジョーレ広場の真ん中に立って、(サン・ペトロニオ大聖堂を右手に)東の方を見ると、大きな教会の円蓋が見えます。これがサンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会です。教会のてっぺんにはよく十字かがのっていますが、この教会の十字架はちょっと不思議なかたちをしていて、横棒が2本になっている二重の十字です。しかあも下の棒の左右には天秤がかかっています。キリスト磔刑のシンボルと同時に、公正を表しているのだとか。そしてこの二重の十字架は、このあたり一帯に住む職人同士の絆の証であったそうです。
 この教会の横にはオラトリオ(小祈祷所、教会隣接の集会所)があります。13世紀、ここにはボローニャ市最初の公共サービスを提供する場でもあった病院が作られたのです。  (「サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会 – ボローニャそぞろ歩き – FC2」より)]

Santa Maria della Vita – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖マリア・デッラ・ヴィータ教会です。

聖マリア・デッラ・ヴィータ教会内のカメラです。

聖マリア・デッラ・ヴィータ教会主祭壇前のカメラです。祭壇右方向の部屋に『死んだキリストに対する嘆き(Compianto sul Cristo morto)』があり、入口上部にオルガンがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*