カーザ・ダ・ムーズィカ

マーカーはカメラ位置です。

カーザ・ダ・ムーズィカ(Casa da Musica・ポルトの音楽堂)
[ポルトのビジネス街ボアヴィスタ・ロータリーの一角にある、巨大な岩の塊のような建物がカーザ・ダ・ムーズィカこと音楽堂だ。2001年にヨーロッパ文化都市に指定されたポルトが、その事業の一環として市が手がけたのが、このカーザ・ダ・ムーズィカの建築。1999年にコンペにより、オランダの世界的な建築家、レム・コールハース(Rem Koolhaas)の建築事務所が担当することになり、完成が待たれたが2001年には間に合わず、出来上がったのは文化都市の役目も終わった4年も後の2005年4月。完成が遅れたのには、3300万ユーロの予算だったのが、4倍の1億1000万ユーロにも上り、物議をかもし出した理由がある。完成したカーザ・ダ・ムーズィカはコンサートホールとしては見る者の意表をつくような斬新さで、「過去100年で建てられたコンサートホールの中で最も重要なひとつに数えられる」と、ニューヨーク・タイムズ紙上で建築評論家のNicolai Ouroussoffは書いており、世界中のアーティストを刺激した。  (「spacesis in ポルトガル –  Casa da Musica(ポルトの音楽堂)」より)]

カーザ・ダ・ムジカ – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がカーザ・ダ・ムーズィカ(Casa da Musica・ポルトの音楽堂)です。

Entrance Hall

Casa da Musica

Vip room House of Music (Casa de Musica)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*