サン・フランシスコ教会

マーカーはサン・フランシスコ教会です。

サン・フランシスコ教会
[サン・フランシスコ教会 (Igreja de Sao Francisco)は、ポルトガルポルトにある重要なゴシック様式の教会。バロック様式の内部装飾で知られている。教会は市内の歴史地区にあり、ユネスコの世界遺産に登録されている。ポルトでフランチェスコ会が設立されたのは13世紀である。修道士たちは最初すぐに、聖フランチェスコ(アッシジのフランチェスコ)へ捧げる小さな教会の建設にとりかかった。修道士たちは、フェルナンド1世 (ポルトガル王)の庇護の元で1383年にこの小さな教会を拡張し、ポルトガルの托鉢修道会のための典型的な、簡素なゴシック様式設計でさらに広い教会を建て始めた。この建設工事は1425年まで続いた。教会全体の建設工事は広範囲に変更されず、サン・フランシスコ教会はゴシック建築の良い例となった。多彩色の花崗岩でできた聖フランチェスコ像(13世紀)が入り口隣に立っており、これは初期の時代の遺物である。教会のメイン・ファサードは大きく、精巧なバラ窓はゴシック様式である。これだけがファサードの原型部分である。主出入り口はソロモン式円柱のある、今や典型的バロック様式となっている。しかし川と向きあう南側出入り口は今もゴシック様式である。教会には3つの側廊のある本堂(中央本堂が一番高い)があり、3つの礼拝堂は交差廊とアプスを備える。交差廊中央部分は、交差廊上と主礼拝堂の巨大な窓によって猛烈に光が入る。五角星形型のトラセリー(窓上部の狭間飾り)のある主礼拝堂の小さなバラ窓からも同様に日が差す。バロック期の金箔細工が、ゴシック建築の教会と完全に調和していないとしても、バロック期の内部装飾はポルトガルで最も傑出したものの一つとみなされている。1833年のポルト包囲(ポルトガル内戦)が原因で火に包まれ、古い回廊と教会一部の崩壊を招いた。ポーチは、今日のバロック様式に建て替えられた。
教会のゴシック様式アプス・wikipedia-photo、「内部。正面は主礼拝堂」・wikipedia0photo  (wikipedia・サン・フランシスコ教会 (ポルト)より)]

モヌメント・デ・サン・フランシスコ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北がサン・フランシスコ教会です。

サン・フランシスコ教会メイン・ファサード前のカメラです。

サン・フランシスコ教会南側出入り口前のカメラです。

サン・フランシスコ教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*