フェルナンディーナの壁

マーカーはフェルナンディーナの壁です。

フェルナンディーナの壁
[フェルナンディーナの壁は、ポルトガルポルトの中世の城壁の名前であり、現在までわずかな部分しか残っていません。
「新しい壁(Cerca nova)」と「ゴシック様式の壁(Cerca muralha gótica)」は、フェルナンディーナの壁に適用される他の名称ですが、科学的には正しいものの、あまり一般的ではありません。
14世紀には、ポルトは当初のローマの壁の上に建てられた、古い壁で保護された、ペナベントーサ(Pena Ventosa)丘の最初の中心部から外側、海側に大規模な都市拡張を行いました。この集落の発生は、商業および海事活動の重要性が高まっていることを反映して、ドウロ川沿いで特に顕著でした。
したがって、この都市には、オールドフェンスよりも大きな壁のスペースが必要です。
14世紀の半ば、まだポルトガル王フェルナンド1世(在位:1367年 – 1383年)の時代に、新しい壁のベルトが建設され始め、1370年頃に実際に完成しました。作品がフェルナンド1世の治世でのみ完成したという事実は、それが一般に「フェルナンディーナの壁」と呼ばれているという事実を説明しています。
軍事的に重要になった後、壁は18世紀後半から次第に取り壊され、新しい通り、広場、建物に取って代わられました。 壁のほとんどは19世紀後半に取り壊されました。フェルナンディナ城壁の生き残った部分は、1926年に「国定記念物」として分類されました。
フェルナンディーナの壁平面図

門と扉(Portas e postigos)
ドウロ川沿いのミラガイアに続く新門または高貴な門(Nova ou Nobre)から始まり、門と扉は次のようになりました(反時計回り):
1.Porta Nova ou Nobre (inicialmente de Miragaia)
2.Postigo dos Banhos
3.Postigo da Lingueta
4.Postigo da Alfândega ou do Terreirinho
5.Postigo do Carvão (石炭の扉・現在まで生き残った唯一のもの)
6.Porta da Ribeira
7.Postigo do Pelourinho
8.Postigo da Forca
9.Postigo da Madeira
10.Postigo da Lada ou da Areia
11.Porta do Sol (inicialmente Postigo do Carvalho do Monte ou do Penedo)
12.Porta do Cimo de Vila
13.Porta de Carros (inicialmente apenas postigo)
14.Porta de Santo Elói (inicialmente Postigo do Vimial)
15.Porta do Olival
16.Porta das Virtudes (inicialmente apenas postigo)
16.Postigo de São João Novo ou da Esperança
フェルナンディーナの壁:古いサンゲート(Porta do Sol)の隣のセクション・wikipedia-photo、フェルナンディーナの壁:石炭の扉(postigo do Carvão)・wikipedia-photo、フェルナンディーナの壁:サンジョアンノボ教会の隣のセクション・wikipedia-photo、フェルナンディーナの壁:オールドイングリッシュクラブ(Antigo Clube dos Ingleses)庭園の階段(Google Maps)・wikipedia-photo]

Fernandine Wall of Sé – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がフェルナンディーナの壁です。

フェルナンディーナの壁:石炭の扉(postigo do Carvão)(Google Maps)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*