ボルサ宮殿

マーカーはボルサ宮殿です。

ボルサ宮殿
[ポルトガル北西部の港湾都市ポルトの旧市街にある新古典様式の建物。同国初の鉄筋建造物の一として19世紀に建てられた。市の商業組合、裁判所、証券取引所として使われた。現在は商工会議所の事務所になっている。彫刻で飾られた大理石の階段やグラナダアルハンブラ宮殿を模した「アラブの間」が有名。1996年、ポルト大聖堂クレリゴス教会サン・フランシスコ教会 (ポルト)などとともに、「ポルトの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。 (「goo辞書」より)]

[ボルサ宮 – 1834年に、火災で焼失したサン・フランシスコ修道院の跡地に建設された。
ボルサ宮 ・wikipedia-photo  (wikipedia・ポルトより)]

[ポルトガルポルト市にあるボルサ宮殿、またはポルト商業協会の宮殿は、ポルトトレーダーが一時的に議論を余儀なくされたカサ・ダ・ボルサ・ド・コメルシオ(Casa da Bolsa do Comércio)の閉鎖により、1842年10月に建設され始めました。戸外のRua dos Inglesesでのビジネス行いながら。
建築様式が混ざり合ったこの建物は、19世紀の新古典主義建築、トスカーナ建築、英国の新パッラーディオ様式の素晴らしさの仕様をすべて備えています。
ポルト商業協会の本部は現在、市内で最も多様な文化的、社会的、政治的イベントを提供しています。アラブホールは、名前が示すように、部屋の壁と天井を埋めるアラビア文字で金をかぶった19世紀のスタッコに起因する、すべての宮殿の部屋の中で最も目立っています。市を訪れた国家元首へのオマージュが行われるのはこのホールです。
肖像画のホールには、彫刻家のゼフェリーノ・ホセ・ピント(Zeferino José Pinto)による有名なテーブルがあり、3年かけて建てられ、「彼が参加したすべての国際展示会で非常に質の高い例」であることが証明されました。
ボルサ宮殿・wikipedia-photo、国のパティオ・wikipedia-photo、アラブホール・wikipedia-photo、図書館・wikipedia-photo、ゴールデンルーム・wikipedia-photo、法廷・wikipedia-photo、総会室・wikipedia-photo]

ボルサ宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がボルサ宮殿です。

ボルサ宮殿エントランスのストリートビューです。

ボルサ宮殿「国のパティオ」のカメラです。

ボルサ宮殿階段室上階バルコニーのカメラです。

ボルサ宮殿「アラブの間」のカメラです。

ボルサ宮殿「裁判の間」のカメラです。

ボルサ宮殿「総会室」のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*