ポルト大聖堂

マーカーはポルト大聖堂です。

ポルト大聖堂
[ポルト大聖堂 (Se do Porto)は、ポルトガルポルトにある大聖堂。市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク建築の一つである。現在のポルト大聖堂はフーゴ司教の後援のもとで1110年頃に建立が開始されて13世紀に完成したが、司教座自体はスエビ王国(スエビ族)支配下の5世紀から6世紀には既にポルト市にあったと記録されている。当初ロマネスク様式であった大聖堂はたびたび改築を受けたが、ファサード全体の外観はロマネスク様式のままである。1333年頃、ゴシック様式の葬祭用礼拝堂としてジョアン・ゴルド礼拝堂が付け加えられた。ジョアンはディニス1世_(ポルトガル王)の臣下として働いた聖ヨハネ騎士団員だった。彼の墓は、彼の横たわる像と12使徒の像で飾られている。ゴシック時代に加えられた他の要素には、14世紀から15世紀にかけ建てられた優雅な回廊がある。この時期のジョアン1世_(ポルトガル王)は、1387年にポルト大聖堂でイングランド王フィリパ・デ・レンカストレと結婚式を挙げた。大聖堂の外側の姿は、バロック時代に大いに改められた。1772年、元のロマネスク様式の扉口が新しい扉口に取り替えられ、塔のドームが改造された。1732年頃、イタリア人建築家ニコロ・ナッツオーニは、大聖堂の側廊側ファサードに優雅なバロック様式の涼み廊を加えた。1801年に勃発したオレンジ戦争ではアマランテで戦闘が繰り広げられる中、スペイン兵士が大聖堂を一時的に占拠したが、地元民の力によって取り戻された。その後、大聖堂を取り戻すために命を落とした地元民の名を残すため、マグネタイトに大理石を重ねた銘板が大聖堂の祭壇の後ろに掲げられた。内装もバロック時代に変更された。17世紀半ばには礼拝堂の一つにポルトガル人芸術家の手による壮麗な銀製の衝立が祭壇上部に加えられた。
「メイン・ファサード」・wikipedia-photo、バラ窓の内側からの眺め・wikipedia-photo、ゴシック様式の回廊・wikipedia-photo  (wikipedia・ポルト大聖堂より)]

ポルト大聖堂 – Google Map 画像リンク」「Museu do Tesouro da Sé do Porto – Google Map 画像リンク」「Pillory of Porto – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がポルト大聖堂です。

ポルト大聖堂身廊のカメラです。

ポルト大聖堂クロッシングのカメラです。

ポルト大聖堂聖歌隊席前のカメラです。

ゴシック様式の回廊のカメラです。

回廊中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*