カリス博物館(スボン市電博物館)

マーカーはカリス博物館(スボン市電博物館)です。

カリス博物館
[Lisboa リスボンに欠かせない風景の一つが、狭い路地を縫う様に走る小さくて可愛らしい路面電車です。サン・ジョルジェ城アルファマ地区方面に行く28番線、ジェロニモス修道院パステル・デ・ナタを食べにベレン地区に行くのにも便利な15番線などは観光客にも大人気。そんなリスボン市民そして観光客の足であるリスボン市電の博物館がリスボンにあります。
場所は、市電の15番線に乗ってベレン地区に行く途中のSanto Amaroと言う停留所降りて直ぐの場所。テージョ川に架かる赤色の4月25日橋の真下ですし、市電からも良く見えるリスボン市電の基地がその場所ですから分かりやすいかと思います。市電博物館と書きましたが、正確にはMuseu da Carris。リスボンの市電やバス、ケーブルカーを運行するCarris カリス社の敷地内にある博物館です。カリス社の門をくぐり守衛さんに「博物館に来た」と告げると場所を教えてくれます。博物館の入り口は入って右側の建物です。
博物館は、第一展示場と第二展示場に分かれています。第一展示場は、カリス社の歴史や、市電の模型、昔の切符、車掌さんの制服等の資料展示、パネル展示が中心です。リスボンにおけるカリス社の創業は1873年の馬車鉄道からだそうです。その当時の風景や切符なんかの展示が興味深かったです。第一展示場は、それ程広くありませんから30分もあれば見れるでしょうか。もう少しゆっくり見たかったのですが、係員が「見終わったか?」と声をかけてきます。ちょっとせかされた感じ?もしたのですが、「シン、シン」と答えると、ドアを開け「ここで待て」とだけ言い残し、係員は一人、車両基地の方へ歩いて行きました。そして、係員の方が運転して来たのが、このレトロな車両。この車両で第二展示場に移動します。そして、この第二展示場こそがカリス博物館の見所ですよ!  (「Museu da Carris リスボンのカリス博物館-1」より)
第二展示場は大きなガレージの様な建物。レトロ車両を運転して来た係員さんがガレージのドアの鍵を開けて案内してくれます。このガレージには、カリス社が創業した1873年当時の馬車鉄道時代の車両から今も現役の車両まで、これまでリスボンの街を走って来たリスボン市電やバスの実車が、手入れの行き届いたピカピカの状態で10数台も展示されています。どれも状態が非常に良く、今直ぐにでもこの車両基地を出て現役で働けそうな状態です。こんな場所で余生を過ごしている爺さん車両達は幸せなんでしょうね。さらに何台かの車両は実際に乗る事も出来ます。リスボン市電好きのケ、た・楽しすぎる♪♪  (「Museu da Carris リスボンの市電博物館-2」より)]

Carris Museum (Museu da Carris) – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がカリス社の入り口です。

カリス博物館(スボン市電博物館)展示室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*