グラサ展望台(ノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会)

マーカーはノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会です。

ノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会
[リスボン旧市街アルファマの北、グラサ地区にある教会。13世紀に造られた展望台とともに、その眺めのよさで有名だ。13世紀に建てられた教会をもとに、16世紀に再建された。1755年の地震で大きな被害を受けたものの、10年後に再建。17~18世紀のアズレージョ(装飾タイル)が飾られた後期バロック様式の内装が美しい。展望台には眺めを堪能できるオープンカフェもある。  (「ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会 – JTB」より)]

[グラサ展望台(Miradouro da Graça)はノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会(修道院・Convento da Graça)の横にある展望台です。こちらは市の西側から南側にかけての視界が開けており、特に展望台の近くにあるサン・ジョルジェ城がよく見えます。セニョーラ・ド・モンテ展望台が単なる公園なのに対し、こちらでは展望台にカフェが設けられており(右画像)、リスボンの眺めを楽しみながら一服する観光客で賑わっています。  (「グラサ展望台」より)]

9月22日(土) グラサ展望台とノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会 : ポルトガル

Convento de Nossa Senhora da Graça – Google Map 画像リンク」、「Igreja e Convento da Graça – Google Map 画像リンク」、「Miradouro da Graça – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会です。

ノッテ・セニョーラ・ダ・グラサ教会身廊のカメラです。

アズレージョ(装飾タイル)で飾られたホールのカメラです。

回廊で囲まれた中庭のカメラです。

グラサ展望台のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*