サンタ・アポローニャ駅

マーカーはサンタ・アポローニャ駅です。

サンタ・アポローニャ駅
[サンタ・アポローニャ駅(ポルトガル語: Estação Ferroviária de Lisboa-Santa Apolónia )はポルトガルの首都リスボンにあるターミナル駅である。リスボンでは最も古いターミナル駅で 1865 年 5 月 1 日に開業した。歴史的な地区であるアルファマ地区に位置している。
1891 年から 1957 年にかけてリスボンでのターミナル駅の機能は中央駅としても知られたロシオ駅( Rossio )が担っていた。今日ではリスボンでのターミナル駅としての機能はオリエンテ駅とサンタ・アポローニャ駅が担っており、リスボン近郊列車アザンブジャ線の他、ポルトガル鉄道が運行する特急にあたるアルファ・ペンドゥラール、急行にあたるインターシティスペイン方面へ向かう国際夜行列車トレンオテル(ルシタニア号・マドリード行)やシュド・エクスプレス(イルン行)などが発着する。多数のバスが発着するほか 2007 年にリスボンメトロの駅が開業し、利便性が向上した。
駅外観・wikipedia-photo、駅入口・wikipedia-photo、駅入口・wikipedia-photo、駅構内・wikipedia-photo  (wikipedia・サンタ・アポローニャ駅より)]

[街の南東部、テージョ川の河畔にある駅で、スペインからの国際列車のほか、ポルトコインブラなど、北部地方への特急・急行列車が発着する。ロシオ広場など市の中心部から駅まではバスのほか、地下鉄のブルーラインが接続している。サンタ・アポローニア駅がブルーラインの終点なので、非常に分かりやすく、また駅数でも4駅程度ととても近いので、方面にもよるが、鉄道駅の中では最も利用しやすい。なお、サンタ・アポローニア駅を発着する列車は、途中全てオリエンテ駅も通過するため、オリエンテ駅から乗車することもできる。 (「リスボン – Wikitravel」より)]

[旧市街のアルファマ地区のテージョ川岸で、町の中心部にあるリスボン・サンタ・アポローニア駅は、ポルトガル・リスボン最古の駅です。
ほとんどの国際列車は、リスボン・サンタ・アポローニア駅発着となります。またポルトガルの主要各都市へも同駅からアクセスできます。リスボンにある、もう1つの鉄道駅であるオリエンテ駅は、ポルトガル国内各都市と広範に路線が結ばれています。サンタ・アポローニア駅とオリエンテ駅間の移動はとても簡単です。駅のすぐ側には地下鉄アズール線の駅があり、地下鉄を使っても市内各所へとアクセスできます。
ポルトガル鉄道( CP )サンタ・アポローニア駅には都市近郊列車が乗り入れているほか、国内外の都市を結ぶ路線が運行されています。近代的な駅構内には、レストランやショップ、観光案内所、両替所、駅窓口などの設備が揃います。また、荷物用のロッカーは、地下鉄のある地下に設置されています。
駅に乗り入れている列車のタイプ:
高速列車、在来線、インターシティ
駅構内サービス:
インフォメーションデスク、観光案内所、お身体が不自由なお客様向けの設備、レンタカー営業所、カフェ、両替所、遺失物取扱所、トイレ、手荷物預かり所、インターネット接続、ATM 、公衆電話。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: リスボン・サンタ・アポローニア駅を出たすぐ側に地下鉄駅があります。
バス:バス路線 5、25、28、44、96、204、208、210、708、750、759、782 番があります。
タクシー: 駅の外にタクシー乗り場があります。
空港: バス路線 745 番がリスボン空港とリスボン・サンタ・アポローニア駅を結びます。  (「リスボン・サンタ・アポローニア駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

サンタ アポローニア駅 クチコミ一覧【フォートラベル】|Santa …

Lisboa Santa Apolónia – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサンタ・アポローニャ駅です。

サンタ・アポローニャ駅プラットホーム頭端のカメラです。

サンタ・アポローニャ駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*