アルファマ地区(ポルタス・ド・ソル広場)

マーカーはポルタス・ド・ソル広場です。

アルファマ地区
[アルファマ (Alfama)は、ポルトガル・リスボンの旧市街。行政区の一つ。サン・ジョルジェ城テージョ川の間の丘陵に広がる。名前の由来はアラビア語のAl-hamma、『泉』もしくは『風呂』を意味する。多くのファド酒場やレストラン、重要な歴史的建造物がたつ。ムーア人支配時代、アルファマは市の中心地で、のち西側へ拡大した(隣はバイシャ・ポンバリーナである)。アルファマは漁師と貧民が多く住んでいた。1755年リスボン地震でアルファマは被害を受けず、狭い路地の迷路と小さな広場という、絵になるような光景が残った。古い邸宅の修繕や、新たにファドの聴けるレストランができている。
アルファマを見下ろすのは、16世紀まで王宮であった中世の城サン・ジョルジェ城である。アルファマの急勾配は、近くのミラドゥロ・デ・サンタ・ルジア教会の名にちなみミラドゥラスと呼ばれる、市を眺めるテラスである。教会の近くには17世紀の美しい内装を保存した装飾芸術博物館がある。
アルファマにある教会には、市内最古のリスボン大聖堂(12世紀から14世紀の建築)、グラサ修道院(18世紀)、サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院(16世紀後半から18世紀)、バロック様式サンタ・エングラシア教会(17世紀)がある。
アルファマの眺め・wikipedia-photo、「赤壁の装飾博物館前を通る、アルファマのトラム」・wikipedia-photo  (wikipedia・アルファマより)]

Miradouro das Portas do Sol – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がポルタス・ド・ソル広場で、カメラ南南西方向に装飾芸術博物館、装飾芸術博物館の道路をはさんで左にミラドゥロ・デ・サンタ・ルジア教会があります。

ポルタス・ド・ソル広場展望台のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*