サン・ロッケ教会

マーカーはサン・ロッケ教会です。

[Google アートプロジェクト] – 「サン・ロッケ教会

サン・ロッケ教会
[サン・ロッケ教会 (Igreja de Sao Roque)は、ポルトガルリスボンにあるイエズス会の教会。16世紀から18世紀にかけての豪華な内装が保存されている。サン・ロッケ(ラテン語名:聖ロクス)の原型となる礼拝堂は、1506年から1515年にかけ城壁の外にマヌエリン様式で建てられた。聖ロクスは黒死病から信者を守ってくれると信じられており、ジョアン3世_(ポルトガル王)は1523年にサン・ロッケ教会のそばに黒死病が原因で死んだ者たち専用の墓をつくらせた。1525年、礼拝堂でサン・ロッケの信徒会が結成された。1540年、イエズス会から派遣されてきた最初の会員たちがポルトガルへ到着した。中には、のちに東アジアへ初めて布教へ赴いたフランシスコ・ザビエルも含まれていた。イエズス会は1553年にサン・ロッケ礼拝堂を所有、すぐに小さな礼拝堂を大きな教会とすることを決めた。現在の建物は1565年から1587年にかけ、簡素なマニエリスム様式で建造された。その教会は、ポルトガル国内やポルトガルの植民地にある他のイエズス会派教会の建築的手本となるようにされた。1584年、サン・ロッケ教会は天正遣欧少年使節のための宿舎として提供された。1世紀の間、サン・ロッケ教会の内装は、マニエリスム様式、バロック様式ロココ様式などの芸術で飾り立てられた。教会内にあるサン・ジョアン・バプティスタ礼拝堂は広く知られ興味深い。ジョアン5世_(ポルトガル王)はローマ風のバロック様式を大変好み、植民地ブラジルで産出された金を惜しげもなく使い、1740年にイタリア人芸術家ルイージ・ヴァンヴィテッリとニコラ・サルヴィに命じて礼拝堂全体をつくらせた。ローマで教皇により祝別されたのち、壮麗な礼拝堂は解体されリスボンに送られ、1747年から1752年にかけサン・ロッケ教会内で再度組み立てられた。イエズス会は、ジョゼ1世_(ポルトガル王)の宰相ポンバル侯により1758年にポルトガルから追放され、所有していた資産も国家に没収された。1768年、ジョゼ1世はサン・ロッケ教会とかつてのイエズス会の資産を、1498年創設のポルトガルの信仰慈善団体『ミゼリコリダ協会』へ与えた。
「サン・ロッケ教会の内装」・wikipedia-photo、礼拝堂・wikipedia-photo、礼拝堂のバロック装飾・wikipedia-photo  (wikipedia・サン・ロッケ教会より)]

サン・ロッケ教会 – Google Map 画像リンク」、「Museu de São Roque – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がサン・ロッケ教会です。

サン・ロッケ教会拝廊のストリートビューです。

サン・ロッケ教会身廊のストリートビューです。

サン・ロッケ教会祭壇前のストリートビューです。

サン・ロッケ教会博物館エントランスのストリートビューです。

クリストヴァォン・ロペス(Cristóvão Lopes)作、左『King John Ⅲ』、右『D.Catherine of Austria, Queen of Portugal』(16世紀)。

クリストヴァォン・ロペス作『Stay in Piacenza and Retreat inn the Forest』(1520年)

アゴスティーノ・マスッチ(Agostino Masucci)作『Annunciation mosaic panel, Chapel of Saint John the Baptist』(1746-1750年)

ガルシア・フェルナンデス(Garcia Fernandes)作『Wedding of Saint Aleais』(1541年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*