バスコ・ダ・ガマ橋

マーカーはバスコ・ダ・ガマ橋です。

バスコ・ダ・ガマ橋
[ヴァスコ・ダ・ガマ橋 (Ponte Vasco da Gama) は、ポルトガルテージョ川河口(三角江)部に架けられた斜張橋リスボン近郊のサカヴェン (Sacavém) とモンチジョ (Montijo) を結ぶ。全長は17.2kmあり、ヨーロッパで最も長い橋として知られている。1995年に着工され、リスボン国際博覧会開催直前の1998年3月29日に開通した。ヴァスコ・ダ・ガマ橋という名前は、航海者ヴァスコ・ダ・ガマのインド到達500周年を記念して付けられた。上り(モンチジョからサカヴェンに向かう)方向のみ通行料2.2ユーロが課される。サカヴェン側ではA1、第2環状、A8と、モンチジョ側では、A12に接続している。リスボンの他の橋(4月25日橋)の混雑を軽減する目的で建設された。斜張橋部が100km/h制限になっている以外、ほかの高速道路と同じように120km/hの速度制限で、橋は6車線になっている。強風、雨、霧のときは速度制限は90km/hになる。
「ヴァスコ・ダ・ガマ橋」・wikipedia-photo  (wikipedia・ヴァスコ・ダ・ガマ橋より)]

ヴァスコ・ダ・ガマ橋 – Google Map 画像リンク

バスコ・ダ・ガマ橋上のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*