ベレン宮殿

マーカーはベレン宮殿です。

[Google アートプロジェクト] – 「国立馬車博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ベレン宮殿
[ベレン宮殿(Palacio Nacional de Belem)は、ポルトガルリスボンにある宮殿で、現在は大統領公邸である。ベレンとはポルトガル語で「ベツレヘム」のことである。テージョ川にほど近く、多くの観光客が訪れる。17世紀から18世紀にかけ、貴族の多くがリスボン郊外に建てた別邸の一つで、のち王宮となった。宮殿の前身は、16世紀の貴族により、壮麗なジェロニモス修道院の近くであるテージョ河岸の丘に建てられた。17世紀に宮殿はアヴェイラス伯の所有となり、宮殿の正面玄関を構成する5棟の建物は17世紀半ばからあり、眺めを楽しむテラスがしつらえられた。18世紀初頭、ジョアン5世_(ポルトガル王)が宮殿を購入し、増築して内装を一新した。1755年リスボン地震で影響を受けず、マリア1世_(ポルトガル女王)時代にはアフリカの動物を集め小さな動物園が作られた(現在はない)。また、ジャコモ・アッツォリーニによるネオクラシカル様式の新しい馬場が作られた。庭園と宮殿の内装は、18世紀から19世紀にかけてのものである。この時代、ベレン宮殿は王宮としてケルス宮殿や近郊のアジュダ宮殿とともに王族が住んだ。時には迎賓館ともなった。1912年、ポルトガル共和制が樹立すると、大統領が短期間だが居住した。1970年代の大統領アントニオ・エアネスは宮殿に住んだ。マリオ・ソアレスジョルジェ・サンパイオの2人は希に仕事場として利用するだけで、普段は自宅に住んでいた。宮殿正面の広場はアフォンソ・デ・アルブケルケ広場の名がついており、宮殿を最高に良く眺められる。この広場は1753年に建てられた当時、船着き場であった。1807年、マリア1世とジョアン王子(のちのジョアン6世_(ポルトガル王))一家が、半島戦争に介入したナポレオン軍による占領から逃れるため、この船着き場からリオ・デ・ジャネイロへ向け亡命した。
ベレン宮殿のファサード・wikipedia-photo、「アフォンソ・デ・アルブケルケ記念碑と宮殿」・wikipedia-photo  (wikipedia・ベレン宮殿より)]

国立馬車博物館
[王立乗馬学校の建物を利用して1905年5月に女王の手によって設立された博物館で、当初は王家が所有していた馬車や御者の制服、馬具などを中心としたコレクションだったが、後にそれが拡大し、今では館内に40台前後の馬車が展示されている。現在展示されているのは、主に17世紀から20世紀にかけてのヨーロッパ各国の馬車で、変わったところでは、第二次世界大戦後イギリスのエリザベス2世がポルトガルを訪問したときに用いた馬車や、20世紀初頭に国王と皇太子が暗殺されたとき乗っていた馬車なども展示されている。「こんなの本当に走るのか?」と思うくらいにまでコテコテに装飾を施されたものから、長距離を移動するための機能だけを追及したような旅行用馬車まで、いろいろなタイプの馬車を見ることができて興味深い。また、人間用だけでなく、キリスト教の聖体用の馬車まであるのが何ともヨーロッパ的。馬車と関連する装具類のほか、教会で司教などが用いた輿などの展示もある。  (「リスボン – Wikitravel」より)]

ベレン宮殿 – Google Map 画像リンク」、「国立馬車博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がベレン宮殿で、南東方向がアフォンソ・デ・アルブケルケ広場です。

カメラ西方向がベレン宮殿です。

国立馬車博物館入口のストリートビューです。

国立馬車博物館内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*