ポルトガル国立民族学博物館

マーカーはポルトガル国立民族学博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ポルトガル国立民族学博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ポルトガル国立民族学博物館[National Museum of Ethnology (Portugal)]
[国立民族学博物館(ポルトガル語: Museu Nacional de Etnologia)は、ポルトガルリスボンにある民族学博物館です。
博物館はポルトガルで最も関連のある約50万個のアイテムの民族学的遺産を保存・管理をしています。
博物館の民族誌コレクションは、2つのコレクションに分類されています。
その一つは、1962年に博物館が設立されて以来、国立民族学博物館のスタッフによって集めら、現代人類学の分野をポルトガルに紹介したチームによって作成されたコレクションがあります。これらのコレクションは、アフリカ、アジア、南アメリカの文化、伝統的なポルトガル文化に重点を置いた、合計42,000個のオブジェクトで、5大陸80か国に及びます。これらのコレクションの多くは、野外調査を通じて徹底的に文書化されており、博物館の可動性のある遺産を構成する約50万点のアイテムの重要な部分を構成する、写真、フィルム、サウンド、ドローイングアーカイブと切り離せません。
二つ目は、エスタド・ノヴォ政権が推進するプロパガンダため、1930年代から1940年代初期に大部分が作成され、ポピュラー美術館で展示された、11,600個のオブジェクトで構成されています。しかし、根源とする利用可能な情報量が少ないため、これらは、国立民族学博物館のコレクションの目的とする部分とは大きく異なります。
2007年にポピュラー美術館のコレクションを国立民族学博物館の建物に移した後、2012年には両方の美術館が単一の美術館、国立民族学博物館/ポピュラー美術館に統合されました。
ポルトガル国立民族学博物館・wikipedia-photo]

国立民族学博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がポルトガル国立民族学博物館です。

ポルトガル国立民族学博物館エントランスのストリートビューです。