国立古美術館

マーカーは国立古美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「国立古美術館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

国立古美術館”>国立古美術館
[ムゼウ・ナシオナル・デ・アルテ・アンティガ (Museu Nacional de Arte Antiga)は、ポルトガルリスボンにある国内で最も重要な美術館。美術館は頭文字をとってMNAAと呼ばれるのが一般的である。国立古美術館は、1884年にテージョ川近くに誕生した。建物は18世紀からあるアルヴォル伯の住居を利用した物で、かつてはサント・アルベルト修道院の古い建物があった。修道院の礼拝堂は18世紀ポルトガル・バロック美術と建築の秀でた例で、展示品の中に編入されている。美術館には、絵画、彫刻、金属細工、織物、家具、デッサン、その他に中世から19世紀初期までの装飾芸術を含むコレクションがある。収蔵品は特に15世紀から16世紀にかけてのポルトガルの絵画、彫刻、金属細工の歴史として特に重要とされている。おそらく収蔵品で最も有名な作品は、1470年より以前にアフォンソ5世_(ポルトガル王)の宮廷画家ヌーノ・ゴンサルヴェスが描いたといわれる『サン・ヴィセンテの祭壇画』であろう。6枚の大きな衝立には、聖ヴィセンテを中心に、中世後期のポルトガル社会の人々の顔が描かれている。絵の中には60名の肖像が描かれている。
国立古美術館入口・wikipedia-photo、「聖母マリアを訪問するキリスト、1515年頃、ジョルジェ・アフォンソ画」・wikipedia-photo  (wikipedia・国立古美術館より)]

国立古美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が国立古美術館です。

国立古美術館エントランスホールのストリートビューです。

国立古美術館2階階段室ホールのストリートビューです。

国立古美術館3階階段室ホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*