ポルト歴史地区

[聖グレゴリウス聖堂、大聖堂、ポルサ宮、聖フランシスコ聖堂などを含む旧市街地は、1996年、「ポルト歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録された。
文化遺産
●クレリゴス教会 – 18世紀に建設されたバロック建築の教会。クレリゴスの塔の高さは、約70mある。
●ポルト大聖堂 – もともとは、12世紀に建設された要塞であるが、17世紀から18世紀にかけて改修された。
●ボルサ宮 – 1834年に、火災で焼失したサン・フランシスコ修道院の跡地に建設された。
聖グレゴリオ教会の塔(ポルトのシンボル)・wikipedia-photo、 ポルトの大聖堂 ・wikipedia-photo、ボルサ宮・wikipedia-photo  (wikipedia・ポルト – 世界遺産より)]

「ポルト歴史地区」にはジョルジュ・コラッソ(Jorge Colaço)の、アズレージュ(azulejo)こと青タイルの絵で有名なサン・ベント駅や「世界でもっとも美しい本屋」と称されているレロ書店がある。また、ドウロ川沿いのポートワイン(ポルト・ワイン)の輸出で有名なカイス・ダ・リベイラ、対岸にはポルト区域ではありませんがポートワイン生産地であるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアがあります。

ポルトのページへリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックするとマーカーポイントのページが表示されます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *