オベリオ・フィルモの家

マーカーはオベリオ・フィルモの家です。

オベリオ・フィルモの家(Casa di Obellio Firmo)
[ポンペイで最も大きく複雑な構成の住宅の一つで、正面だけでもこの区画の短い一辺を完全に占領しています。内部には二つのアトリウムと一つのペリスティリウムが見られます。 凝灰岩製のコリント式円柱を持つ最初のアトリウムは堂々とした壮大な造りで、そこに置かれた洗練された調度からは所有者の豊かさが覗えます。 これら調度品には、獅子の脚で支えられた大理石製のテーブルやこれも大理石で作られたサテュロスの像を載せていた溝彫のある台座、噴水の水を集める水受けなどが含まれていました。 アトリウムの右側には、発掘の際に見つかった鉄の板で覆われた木製の金庫が置かれています。
ドリス式の円柱があるもう一つのアトリウムは、日常の生活空間や台所浴室などの施設が囲んでいました。
この家の建設時期はローマ時代に先立ち、所有者の一族は高い階層に属していました。噴火の前にこの家に住んでいたのが、当時第一線で政治活動をしていたオベリイ一族であるかどうかは定かではありません。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p124」より)]

[Photographer- James Fraser Paige・wikipedia-photo、入口からアトリウムを望む・wikipedia-photo、アトリウム鳥瞰・wikipedia-photo、北西方向からのカメラ・wikipedia-photo、南西方向からのカメラ・wikipedia-photo  (「Category:Casa di Obellio Firmo (Pompeii) – Wikimedia …」より)]

オベリオ・フィルモの家平面図(Casa di Obellio Firmo – Design Library Image Collectionより)

Casa di Obellio Firmo – Google Map 画像リンク

オベリオ・フィルモの家アトリウムのカメラです。

アトリウム内のカメラです。

オベリオ・フィルモの家裏庭のカメラです。

オベリオ・フィルモの家西側からのカメラです。

オベリオ・フィルモの家南西側からのカメラです。