スタビアの浴場

マーカーはスタビアの浴場です。

スタビアの浴場(Terme Stabiane)
[アッボンダンツァ通りに面したメインの入り口から入ると、広い中庭に出ます。左側にはプールがあり、右側には柱廊があって男性用の施設へと通じています。施設にはアポディトゥリウム(脱衣場)、それに続くフリギダリウム(低温の風呂)、更にテピダリウム(中温の風呂)、最後にカリダリウム(高温の風呂)が備わっていました。 暖房は壁の中の配管を通じて巡り、床面も二重の構造で窯からくる熱い空気と移動可能な火鉢によって暖められていました。婦人用の施設は男性用の背後に位置し、同様にアポディテリウム、テピダリウムとカリダリウムで構成されていましたが、全体の規模は小さく、男性用施設のような見事な装飾もありませんでした。 婦人たちは、中庭の北西の角に当たる、ルパナーレ通りにあった別の入り口から入るようになっていて、戸口の上には”Mulier”(女性)と書かれていました。男性と女性の区別は古代世界では一般的なことでした。スタビアの浴場の起源は前2世紀まで遡ることができ、古代ローマ世界のうちでも最も古い浴場の一つに数えられます。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p95」より)]

VII.1.8 Pompeii. Terme Stabiane or Stabian Baths.

スタビアの浴場平面図(「Category:Stabian Thermae (Pompeii)」 – 「Plan of the Stabian baths, Pompeii. Wellcome Images」より)]

スタビアーネ浴場 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はVia dell’Abbondanza通りで、カメラ北西方向がスタビアの浴場入口で、スタビアの浴場平面図「A」になります。

カメラ位置は控室「Ⅳ.Anteroom 」のカメラで、カメラ東方向が浴場脱衣場「Ⅵ.Apodyterium」で、カメラ北方向先がフリギダリウム「Ⅴ.Frigidarium」になります。

浴場脱衣場「Ⅵ.Apodyterium」のカメラで、初期設定方向右の開口部がテピダリウム(中温の風呂)「Ⅶ.Tepidarium」入口です。

テピダリウム(中温の風呂)「Ⅶ.Tepidarium」のカメラで、カメラ方向右口が浴場脱衣場「Ⅵ.Apodyterium」で、左がカリダリウム(高温の風呂)「Ⅷ.Caldarium」です。

カメラ位置はテピダリウム(中温の風呂)「Ⅶ.Tepidarium」で、カメラ初期設定方向がカリダリウム(高温の風呂)「Ⅷ.Caldarium」です。

カメラ位置はパラエストラ「C.Palaestra」です。

カメラ南南東方向が水槽です。スタビアの浴場平面図「F.Swimming tank」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*