ディオスクーリの家

マーカーはディオスクーリの家です。

ディオスクーリの家(Casa dei Dioscuri)
[ポンペイ最後の時代に造られた建物の中で、最も壮麗で広い物の一つです。建築的に複雑な空間の構成と豊かな絵画が特徴です。建物には、水の戯れを実現するための深い水槽に面して優雅な居間(エクセドラ)を持ち、北側が高く設計されたロードス式の典雅なペリスティリウムを挟んで二つのアトリウムがあります。
メインのアトリウムは凝灰岩の12本の円柱で囲まれ、その周りに豪華な来客用の部屋や饗宴用の空間が配され、奥は小さな庭園で仕切られていました。もう一つのアトリウムの周囲は家族の休息や日常の生活に使われた空間が囲んでいました。 壁面の装飾は近くにあるヴェッティの家を手掛けたのと同じ工房によるもので、家の名の元となった入口のディオスクーロイカストールとポリュックスの壁画を始め、主要な作品はナポリの考古学博物館に展示されています。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p65」より)]

[ディオスクーリ家のフレスコ画・wikipedia-photo、[ディオスクーリの家平面図・wikipedia-photo、ディオスクーリの家入口「VI.9.6 entrance」・wikipedia-photo、アトリウム・wikipedia-photo、アトリウム奥の小さな庭園・wikipedia-photo、ペリスティリウムの北側・wikipedia-photo、ペリスティリウムの深い水槽・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ディオスクリの家にある画像やその他のファイルが含まれています]

ディオスクーリの家鳥瞰絵図面(「VILLA DEI DIOSCURI (Pompei) | romanoimpero.com」より)

ディオスクーリの家平面図(「VI.9.6 Pompeii. Casa dei Dioscuri or House of Castor & Pollux」より)

カメラ位置はメルクリオ通り、小さな噴水の家入口前のカメラで、カメラ北北東方向十字路から右がディオスクーリの家です。