ナポリ王子の家

マーカーはナポリ王子の家です。

ナポリ王子の家(Casa del Principe di Napoli)
[この家はもとは独立していた二軒の小規模な住宅を一つに造り直したため、間取りが不規則になっています。 アトリウムの区域には町の最後の時期に制作された装飾が残され、特に上部の彩色ブロックの列はよく保存されています。 インプルヴィオ(雨水を溜めた浅いプール)は有翼の獅子を形どった脚に載った大理石製のテーブルで縁取りされています。 建物の後ろ部分は回廊と真ん中の庭園を中心に展開し、豊かな装飾が施されていて接客や饗宴に用いられました。 ニッチの壁面には等身大のバッカスヴィーナスが描かれ、トリクリニオ(横臥食卓)の床面の中央には貴重な有色大理石の象眼模様が施されています。
また庭園の奥には家庭での礼拝に使われたラル神の祭壇がニッチの中に置かれています。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p66」より)]

VI.15.8 Pompeii. Casa del Principe di Napoli or House of the Prince of Naples.

ナポリ王子の家平面図(「Casa del Principe di Napoli, boundary model (after Strocka 1984: 44). | Download Scientific Diagram」より)]