パン焼き釜の家

マーカーはパン焼き釜の家です。

パン焼き釜の家(Casa del Forno)
[最初に建てられたのは紀元前2世紀ですが、紀元62年の地震の後で修復工事が行われた際にパン屋に作り替えられました。地上階は仕事場になり、店のオーナーはおそらく上の階に住んでいたものと推定されます。パン焼きは非常に利益の上がる商売で、ポンペイではこれまでに30以上ものパン屋の跡が確認されています。パンを焼く大きなかまどの他、家の裏側にはペリスティリウム(古代ローマの都市住宅には、アトリウムとペリスティリウムという公私2つの中庭があった。)を改修して造った石畳の空間があって、麦を製粉するための巨大な4つの溶岩性の石臼と洗浄用の水桶が置かれていました。ひき臼の上部に差し込んだ木製の棒を人またはロバの力で回転させて使用していました ペリスティリウムの隣にあった家畜小屋からはラバの骨が一体丸ごと見つかっています。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p62」より)]

File:Casa del Forno (Pompei) WLM 001.JPG」「File:Casa_del_Forno_(Pompei)_WLM_002.JPG

Casa del Forno – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がパン焼き釜の家です。

カメラ北北東方向がパン焼き釜の家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*