マルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家

マーカーはマルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家です。

マルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家(Casa di Marco Fabio Rufo e Bracciale d’Oro)
[マルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家は少なくとも4階まであり、海に向かって次第に低くなる眺望の良いテラスも付いていました。 これらのテラスは町の外周壁の上に造られていますが、ローマの植民地になる前は、ノーラ街道とテルメ通りの終着点であったオッチデンタリスの門の両側には住宅が何軒も建てられていました。
家の内部には、有色大理石の床(オプス・セクティレ)や神話のテーマ、庭園の情景、紀元前世紀に遡るギリシアの作品を再現したフレスコ画面など、豪華な装飾が見られます。 噴火の時、この家には人々が住んでいたことが、発見された多くの遺骸から明らかで、これをもとに石膏型が取られました。
家に付けられた黄金の腕輪という名は、見つかった遺骸の一つが子の腕輪を付けていたことによります。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p100」より)]

Casa di Marco Fabio Rufo e Bracciale d’Oro – Pompeii Sites

マルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家西側からの画像(「La casa di Marco Fabio Rufo. Lo scavo del … – Fasti Online」より)

鳥瞰図(「La casa di Marco Fabio Rufo. Lo scavo del … – Fasti Online」より)

平面図(「House of M. Fabius Rufus Description of the House (Reg VII, Ins 16, 17-22)」より)

カメラ南方向がマルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家になります。

犠牲者の石膏が置かれているマルコ・ファビオ・ルフォと黄金の腕輪の家内のカメラです。