ルパナーレ(遊郭)

マーカーはルパナーレ(遊郭)です。

ルパナーレ(遊郭・Lupanare)
[遊郭の娼婦たちは、主に東方やギリシアの奴隷たちで、銅貨2から8アスで商売をしていました(その当時グラス1 杯の葡萄酒が1アス)。建物は2階建てになっています。上の階には主と奴隷たちの住居があり、下の階には5つの部屋があって、どの部屋にも石と漆喰でできた作り付けの寝台が備わっていました。これらの部屋は1階の二つの出口をつなぐ廊下に沿って並んでいました。各部屋の入り口にはカーテンが扉の代わりにかかっていました。廊下の行き止まり、階段の空間の下には共同のトイレがありました。中央の廊下の壁には、官能的な絵が配されて、ここで提供されるサービスを客に示していました。ルパナーレの呼び名はラテン語のlupa、娼婦を卑下するのに用いた言葉に由来しています。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p97」より)]

VII.12.18 Pompeii. The Brothel or Lupanare. Entrance on Vicolo del Lupanare.

[ポンペイstreet 08 13・wikipedia-photo、「VII、12、18-20のルパナール。Vico del Lupanareは右側にあります。ヴィコデルバルコーネが左側にあります。」・wikipedia-photo、ルパナールの大まかに刻まれた石のベッドの1つ・wikipedia-photo、Lupanar de Pompeya表示板・wikipedia-photo、ポンペイヤのルパナールの入り口・wikipedia-photo、ルパナール内の落書き・wikipedia-photo、「ルパナールの壁画の性的シーン。女性は古代のブラジャーを着ています」・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ルパナール(ポンペイ)に関連するメディアがあります。

ルパナーレ – Google Map 画像リンク」「Lupanar Grande – Google Map 画像リンク

ルパナーレ(遊郭)中庭のカメラです。

ルパナーレ(遊郭)内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*