ヴェスヴィオ 門のネクロポリス

マーカーはヴェスヴィオ門のネクロポリスです。

ヴェスヴィオ門のネクロポリス(Necropoli di Porta Vesuvio)
[発掘によって4つの墓が掘り出されました。 最も壮大なのは、行政官であったカイウス・ヴェストリウス・プリスクスの墓で、造られたのはおよそ75-76年ごろと推定されます。台座に載った祭壇に黄泉の国のシン
ボルを表現し、帝政期の一般的な墳墓様式を踏襲しています。 フレスコスタッコによる豊かな装飾が施され、死者の生前の公務姿の他にも、銀製の食器が置かれた食堂、ナイル川での饗宴、剣闘士の戦い、狩りの場面、静物などが描かれています。
これらのテーマは、死者の生前の生活や行いを描いたものとも、あるいは死後の世界に結び付けるシンボリックな場面とも解釈できます。
半円形の椅子型墳墓はアレリア・テルトゥッリアの墓で、やや北側には別に円柱の墓碑が建っていてセプトゥミアの名が刻まれています。 最後の墓は囲いのある墓で、溶岩性の台で仕切られ、マルクス・ヴェイウス・マルセリウスの名が刻まれています。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p52」より)]

Necropoli di Porta Vesuvio – Pompeii Sites

Category:Tomba di Caius Vestorio Prisco

Necropoli di Porta Vesuvio – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がヴェスヴィオ門のネクロポリスです。