公共の建物

マーカーは公共の建物です。

大フォルムの平面図

[2.No) ポンペイ、ローマ(古代ローマ.1]より

公共の建物
[フォロの南側には、西から東に3つの公共の建物が並んで います。タブラリウムは記録保管所で、間に空間をは残だ二重構造の壁で造られ、火災の場合の周辺の建物からの延焼を防げるようになっていました。クーリアは地元の元老院の所在地で、集会の時に使用する大ぶりな椅子が置けるように広々とした空間を持ち、ドゥオヴィロの建物は行政官たちの執務の場でした。これら3つの建物はすべて、コミティウムやバジリカへと続く柱廊に面し、全体でポンペイにおける社会的な生活に関連する建物のグループを形成していました。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p106」より)]

VIII.2.10 Pompeii. Edifici della Pubblica Amministrazione. Sala dei Magistrati.」「VIII.2.8 Pompeii. Edifici della Pubblica Amministrazione. Sala del Tabularium od archivio.」「VIII.2.6 Pompeii. Edifici della Pubblica Amministrazione. Sala degli Edili.

カメラ東南東方向が公共の建物「VIII.2.10」で、カメラ南方向が公共の建物「VIII.2.8」です。

公共の建物「VIII.2.6」のカメラです。

公共の建物「VIII.2.10」と「VIII.2.8」との前の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*