大劇場

マーカーは大劇場です。

大劇場(Teatro Grande)
[大劇場は、中央のすり鉢部分のために丘の自然な傾斜を利用して建設されました。ドーム型ヴォールトの上に置かれた階段席は通路によって3つのゾーンに分けられ、それぞれが5つの区画に分けられていました。建設の時期は紀元前2世紀の中頃で、後にローマ人の好みに合わせて、大きな変更が加えられています。数少ない記録のうち、東側の出入り用通路の入り口に残された碑文には建築家のマルクス・アルトリウス・プリムスがアウグストゥス(在位:紀元前27年 – 紀元14年)の時代に工事を担当したことが記されています。その工事の内容は、舞台装置とステージ関係、ヴェラリウムと呼ばれる暑い日の日よけのヴェール、座席の番号付けに関するものでした。この劇場では伝統的なギリシアローマの喜劇や悲劇が上演されていました。また、この劇場は公共建築の中では最初に完全に発掘された建物です。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p113」より)]

[「ポンペイの大劇場の計画平面図、1870年のイラスト。」・wikipedia-photo、「ポンペイの2つの劇場、手前のクアドリポルティコと背景の大劇場の空撮。」・wikipedia-photo、「2つの劇場と四脚のモックアップ。ナポリ国立考古学博物館」・wikipedia-photo、ポンペイ劇場の内部・wikipedia-photo、大劇場のステージビュー・wikipedia-photo、上部のスタンド及び出入口の眺め・wikipedia-photo、外側廊下とPárodowikipedia-photo、Párodoの詳細とステージへの階段のアクセス・wikipedia-photo、上部のスタンドを備えた入り口のPárodoの詳細・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、グランデ劇場(ポンペイ)に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

Great Theatre of Pompeii – Google Map 画像リンク

大劇場下部スペースのカメラです。

大劇場中段席のカメラです。

大劇場上段席のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*