貝のヴィーナスの家

マーカーは貝のヴィーナスの家です。

貝のヴィーナスの家(Casa della Venere in conchiglia)
[紀元前1世紀に建てられましたが、内部はその後大きく改装されました。ヴェッティの家と同様、この家でもタブリーノはペリスティリウム(古代ローマの都市住宅には、アトリウムとペリスティリウムという公私2つの中庭があったことが知られている。)のある庭園のために犠牲にされ、ペリスティリウムが家の顔として使用され、その周囲をフレスコ画のある幾つもの空間が取り囲んでいました。その中でもオエウスはメナンドロの家のものに次ぐ大きさを誇っています。ペリスティリウムの奥の壁には、ヴィーナスの大きな舞台装飾のようなフレスコ画が残り、この家に名を与えていま す。柵(格子?)を超えた向うの低い部分には、エキゾチックな動植物を配した豊かな庭園が描かれています。一方壁の上部は三つの異なった場面に分かれています。右側の場面は鳥が水を飲む噴水、左には台座の上に立つ盾と槍を持ったマルスが描かれています。中央の画面には、ポンペイの守護神で、エロチシズムの女神でもある ヴィーナスが二人のキューピッドに伴われて貝の中に身を横たえたシーンが描かれています。女神は頭に帯状の髪飾りを載せ、首と手首、足首に付けた宝石の他は、完全に裸身の姿です。この家の所有者はサトリィ一族の傍系に当たり、噴火前の時期ポンペイではよく知られた人物でした。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p31」より)]

貝のヴィーナスの家平面図[Description of the House (Reg II, Ins 3, 3)より]

貝殻のヴィーナスの家 – Google Map 画像リンク」「Mural of Venus – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が貝のヴィーナスの家です。貝のヴィーナスの家平面図「a」になります。

貝のヴィーナスの家中庭のカメラで、貝のヴィーナスの家平面図「g」下から「h」「i」方向になります。カメラ南東方向庭園先の小屋掛けの壁面に貝のヴィーナスが描かれています。(画像リンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*