銀婚式の家

マーカーは銀婚式の家です。

銀婚式の家(Casa delle Nozze d’Argento)
[ポンペイの貴族階級の家がどのようなものであったかを示す壮麗で堂々とした建築の一例です。アトリウムに見られる高いコリント式の円柱などが、重厚な建築様式を示しています。 ペリスティリウムはロードス式で、北側が他より高く設計され、ポンペイでは他にもアンカーの家黄金のキューピッドの家などに同様の様式を見ることができます。 残された品々に記された書き込みなどから、この家の最後の持ち主はルシウス・アルブシウス・セルススであったことが判明しています。
現在の姿は、紀元前40-30年にアトリウムに面した多くの空間が改装された時の姿を留めています。
家の名は1893年に当時のイタリア王ウンベルト1世マルゲリータ王妃が銀婚式の日にここを訪問したことにちなんでつけられました。  (「ポンペイ遺跡ガイド – Pompei-p17」より)]

銀婚式の家平面図(「V.2.i Pompeii. Casa delle Nozze d’Argento or House of the Silver Wedding or Domus L. Albucius Celsus.」より)