サンティアギスタ修道院(現エストレマドゥーラ州庁舎)

マーカーはエストレマドゥーラ州庁舎です。

[スペイン広場のすぐ隣にラストロ広場がありますが、ここにサンティアギスタ修道院があります。  (「「スペイン世界遺産指定都市」メリダ」より)]

エストレマドゥーラ州
[古代ローマ時代には、エストレマドゥーラの大部分とポルトガル南部は属州ルシタニアの領域で、メリダに州都が置かれていた。現在でもメリダには多くのローマ建築が残されている。
「エストレマドゥーラ」の語源は「ドゥエロ川の向こう」で、キリスト教諸国から見たドゥエロ川以南のイスラム支配地を指した。レコンキスタの初期には文字通りドゥエロ川のすぐ南が「エストレマドゥーラ」であったが、レコンキスタの進展とともに「エストレマドゥーラ」は南下し、最終的に現在のカセレス県とバダホス県の地域が「エストレマドゥーラ」と呼ばれるようになった。  (wikipedia・エストレマドゥーラ州より)]

Presidency Board of Extremadura – Google Map 画像リンク

カメラ位置はラストロ広場で、カメラ南西方向がサンティアギスタ修道院(現エストレマドゥーラ州庁舎)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*