カサ・デル・ミトレオ

マーカーはカサ・デル・ミトレオです。

カサ・デル・ミトレオ(Casa del Mitreo)
[スペイン広場のすぐ隣にラストロ広場がありますが、ここにサンティアギスタ修道院(現エストレマドゥーラ州庁舎)があります。ここからロメロ・レアル通りを行くと主要なローマ遺跡のひとつである、ディアナ神殿があります。
ロメロ・レアル通りをサンティアギスタ修道院まで戻り、グラシアノ通り、オビエド通りと進んでいくと、最終目的地、ローマ遺跡ミトレオ邸と納骨堂(カサ・デル・ミトレオ)に到着です。  (「「スペイン世界遺産指定都市」メリダ」より)]

[メリダ闘牛場隣りあるローマ帝国時代の大邸宅カサ・デル・ミトレオ(Casa del Mitreo)は、1世紀終わりから2世紀初めに建設されたとされる。
ミスラとはイラン神話の太陽神のことを示しているが、ローマ帝国時代に広がった神であり、メリダの闘牛場敷地内に存在したとされる寺にミスラ神を祀っており、その遺物が発見されたことから由来されている。
このような立地条件と地下部屋や宇宙論的なモザイクの装飾から、そこがミスラ聖殿であったのではないかと説く研究者もいるそうだが、その考え方は立証されておらず、現在まで当時の大邸宅だったと考えられている。
内部や装飾はその後改造され、宇宙論的モザイクは4世紀の作品だと推測されている。また、この大邸宅には地下室があり夏用の寝室だったと推定されている。さらに、この大邸宅にあったローマ風呂には、幾何学や花模様のモザイクのプールもあり、アーチ形天井は魚の絵まで描いてあったそうである。
時間:5月1日から9月30日まで 9:50 – 14:00, 17:00 – 19:30 10月1日から4月30日まで 9:50 – 14:00, 16:00 – 18:30
入場料:12ユーロ  (「この大邸宅はロマンがいっぱい!”カサ・デル・ミトレオ”|」より)]

Casa del Mitreo y área funeraria de Los Columbarios – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がカサ・デル・ミトレオ入口です。

カサ・デル・ミトレオ遺跡内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*