ダイアナ神殿

マーカーはダイアナ神殿です。

ダイアナ神殿
[ローマ都市で商取引や裁判、集会が行われていた公共広場の回りに建つ建築物の一つで、宗教的な建築物としてはめずらしく保存状態が良好です。
女神ディアナを崇拝するものではなく、アウグストゥス皇帝(ローマ帝国の初代皇帝・在位:紀元前27年 – 紀元14年)を崇拝するための神殿だと考えられています。
建築は紀元前1世紀の終わりころか1世紀のはじめころとされます。長方形の土台に何本もの柱に囲まれ、6本の柱で構成される正面は公共広場に面していました。この神殿内に、16世紀にルネサンス調のコルボス侯爵宮殿が建築されてしまい、ローマ遺跡をだめにしてしまったと嘆く説もあります。   (「「スペイン世界遺産指定都市」メリダ」より)]

[この寺院は、市のフォーラムに属する市の建物です。これは、満足のいく状態で保存されている数少ない宗教的な建物の1つです。その名前(ギリシャ神話のダイアナと発見時に誤って割り当ててしまった。)にもかかわらず、建物はローマ帝国の宗教に捧げられました。紀元前1世紀後半またはアウグストゥス時代の初期に建てられ、16世紀に、コルボス伯の宮殿に部分的に再利用されてしまいました。長方形で、列柱に囲まれ、市のフォーラムの正面に面していて、前面は、切妻で終わる6つの列柱のセットで形成されます。主に花崗岩でできています。
ダイアナ神殿・wikipedia-photo]

ダイアナ神殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がダイアナ神殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*