メリダオープン博物館

マーカーはメリダオープン博物館です。

メリダオープン博物館
[メリダに到着したらまず訪れて欲しいのは、メリダオープン博物館(el museo abierto de Merida)。
ここで遺跡についての情報をばっちり仕入れることができます。情報が入手できたら、さあ出発です。  (「「スペイン世界遺産指定都市」メリダ」より)]

[2007年にオープンし、かつてのHernan Cortes Barracksの敷地内に建てられたこのモダンな建物には、次のスペースがあります。
• Geoemérita(地質学コレクション「フェルナンデス・ロペス・ソス・バナ」):地質学者ビセンテ・ソス・バナト(Vicent Sos Baynat)が提供したコレクションのおかげで、1991年にオープンしたエストレマドゥーラ地質博物館にその起源があります。2つの部屋で構成されています。部屋Iには、いくつかのショーケース(古生物学、岩石学、地質学アプリケーション)があります。ルームIIでは、鉱物学に関する3つのショーケースがあり、それぞれエストレマドゥーラ州の鉱物、ケイ酸塩、および金属鉱石と非金属鉱石が展示されています。さらに、ビセント・ソス・バナット(Vicent Sos Baynat)教授の研究室の一部は、野外調査中に収集されたサンプルを分類するための木製家具で構成されており、部屋IIの下部で楽しまれています。各部屋には、有益で有益なパネルが設置されています。
• プレメリタ(メリダ地方の先史時代のコレクション):後にローマ・ルシタニアの首都となる周辺にある、多数の旧石器時代新石器時代、白石器時代(Calcolítico en la península ibérica)、青銅器時代、原始史跡の数百の先史時代のオブジェクトで構成されています。
メリダ地方には、スペインで最大の巨石記念碑であり、イベリア半島で2番目に大きいドルメン・デル・プラド・デ・ラカラ(Dolmen del Prado de Lácara・メリダ)、青銅器時代全体を占領したエストレマドゥーラの数少ない城の1つ、アランゲ城(Castillo de Alange)、イベリア半島の東洋化時代の最も重要な場所の1つであるエル・パロマー(El Palomar)の町(Oliva de Mérida)、そして、エル・トゥルヌエロ(El Turuñuelo・メリダ)のカンチョロアーノ(Cancho Roano)などの遺跡あります。
メリダオープン博物館にはカンチョロアーノ遺跡にあった墓石のコレクション資料の完全なサンプルを保持しています。さらに、この建物には、現代的で前衛的な照明システムを備えた一時的な展示ホールがあります。]

Open Merida Museum (MAM) – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がメリダオープン博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*