古代ローマ円形闘技場

マーカーは古代ローマ円形闘技場です。

古代ローマ円形闘技場
[紀元前8年に建築された円形闘技場は、剣闘士同士の戦い、猛獣同士の戦い、あるいは人間と猛獣の戦いを開催するために使われていました。
楕円形の闘技場の周りには約1万5千人も収容できる観客席があります。この観客席は3つの部分に分かれていますが、闘技場として使われなくなってから、近くの建築物に使うための石切り場として使用されたため、2つの部分は損傷が見られます。
古代ローマ劇場と共通 6月1日-9月30日 9:30-13:45 17:00-19:15 10月1日-5月31日 9:30-13:45 17:00-18:15入場料 7€>   (「「スペイン世界遺産指定都市」メリダ」より)]

Amphitheatre of Mérida – Google Map 画像リンク

古代ローマ円形闘技場内観客席のカメラです。

古代ローマ円形闘技場内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*