サン・マルセロ教会

マーカーはサン・マルセロ教会です。

サン・マルセロ教会(Iglesia de San Marcelo)
[レオンのサン・メルセロ教会は、首都の中心部にあるサン・マルセロ広場(Plaza De San Marcelo)とサント・ドミンゴ広場(Plaza de Santo Domingo)の間にあります。
サン・マルセロ教会は、レオン市で最も古い宗教建築の1つである可能性があります。850年にアストゥリアス王ラミロ1世(在位:842年 – 850年)によって、百人隊長マルセロ(Marcelo)が信仰を公に告白した場所として伝説が象徴する場所に建てられた既存の礼拝堂で、ラミロ1世によって設立されました。 995年頃のアルマンゾル(Almanzor)によって破壊され、数回再建されたと考えられています。レオン王サンチョ1世(在位:956年 – 958年、960年 – 966年)によって聖堂が寄付され、1096年に最初の改革を行ったのは、ドン・ペドロ(Don Pedro)司教です。
12世紀の終わりには聖アウグスティヌス修道院で、幼少期と青年期の一部を過ごし聖マルティーノ(Santo Martino・レオンの聖マルティンは、アウグスティヌス修道会の司祭であり、正教会の常連でした。レオンで生まれたマーティンは、父親のフアンとともに、母親の死後、レオンの聖マルケリヌスの聖職者となりました。)の宗教家としての資質が形成されました。 そして巡礼者の病院は、サン・ラザロ(San Lázaro)とサン・アントニ・ダ・プルマニ(San Antonio Abad)の近隣の病院に巡礼者のための病院およびホスピス(Hospedería)として加わりました。
1254年に、サン・マルセロ教会は、大聖堂の律修司祭(Canónigo)が統治する、「サン・マルセロの大修道院長」という称号を持つ世俗的な教区の地位に達しました。その称号は、1737年、市議会が「Provisor de San Marcelo」と呼称するまで使われました。
建築的には、3つの身廊、トスカナ式(Tuscan order)のピラスター(付柱)、側面の礼拝堂、さまざまなタイプのヴォールトを備えた、シンプルで小さいサイズの石積みの四角形の建物です。
サンマルセロ教会・wikipedia-photo、中央身廊と祭壇・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サン・マルセロ教会に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

Parroquia de San Marcelo – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がサン・マルセロ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*