パラシオ・デル・コンデ・ルーナ

マーカーはパラシオ・デル・コンデ・ルーナです。

パラシオ・デル・コンデ・ルーナ(Palacio del Conde Luna)
[パラシオ・デル・コンデ・ルーナは、14世紀にドン・ペドロ・スアレス・デ・キニョーネスとその妻ドニャ・フアナ・ゴンサレス・デ・バサンの依頼で建てらた、ルネサンス建築の建物です。1931年歴史的建造物に指定されました。かって、「異端審問」の法廷として使われてきました。
ペドロ・スアレス・デ・キニョネス(Pedro Suárez de Quiñones)と彼の妻フアナ・ゴンサレス・デ・バザン(Juana González de Bazán)によって建てられたこの14世紀の宮殿から、ファサードの中央部が保存されています。石積みで作られており、幅は約11メートルです。
表面はゴシック建築で、柱間にはまぐさ石が設置され、表面に装飾された彫刻が並んでいて、壁間は加工された尖った石で囲われた幅広の成形で囲まれています。
1931年に歴史的建造物として宣言されました。オクタビオ・アルバレス・カルバロ(Octavio Álvarez Carballo)財団が所有しています。
ルナ伯爵宮殿・wikipedia-photo]

Palacio del Conde Luna – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がパラシオ・デル・コンデ・ルーナです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*