マヨール広場

マーカーはマヨール広場です。

バリオ・ウメド
[レオンには噴水や美しい庭園も数多くあり、ベンチに座って時の流れをゆったりと感じながら、のんびりと過ごすことができる。またその他の楽しみ方と言えば、『イール・デ・タパス』(Ir de tapas)と呼ばれるバルのはしご。カテドラル南側に位置するマヨール広場(Plaza Mayor)周辺は、その昔、巡礼者がレオンに入ってきた所として最も商業が発展した地域に当たる。今なお残る中世の街並みと共に、サパテリーアス(靴屋)通りやカルニセリーアス(肉屋)通りと言った通りの名前にも当時の面影が残っているから面白い。現在、この周辺はバリオ・ウメド(Barrio Húmedo)と呼ばれるバルが連立する地域になっていて、連日地元の人々で賑わっている。  (「スペイン レオン – Leon – 旅行・ガイド・インフォメーション」より)]

[バリオ・ウメドと呼ばれる旧市街の一角にはバルが集中し、タパスのはしごが楽しめる。
イースターの時期には、マタール・フディオス(ユダヤ人殺し)という飲み物が飲まれる。名前こそ物騒だが、その正体は赤ワイン、水、シナモン、レモン汁などを混ぜたもので、別名リモナダ(レモネード)と呼ばれる一種のカクテルである。  (「レオン León | 日西観光協会 Asociación Hispano Japonesa …」より)]

[日曜日にはマヨール広場はじめ街の各所に生鮮食品、名産品や服飾品の市場がたつ。  (「レオン León | 日西観光協会 Asociación Hispano Japonesa …」より)]

市場開催中・マヨール広場の360citiesへリンク

Plaza Mayor – Google Map 画像リンク」「トラディシオナル・デ・プロドゥクトス・アグラリオス市場

カメラ位置はマヨール広場中央で、カメラ初期設定方向に旧市庁舎があります。レオン大聖堂から南側の旧市街地域がバリオ・ウメドと呼ばれています。

市場開催中・マヨール広場のカメラです。

夜のマヨール広場の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*