ラス・セルカス通り(中世のフェンス)

マーカーはCalle Puerta Moneda交点です。

ラス・セルカス通り(Calle las Cercas)
[「中世のフェンス」として知られる、これは、13世紀の以前の土地の壁に14世紀に建てられた石垣の一部です。昔の軍団駐屯地の外にあった都市の南と西の地区を囲んでいました。ローマの軍事建築とは異なり、この壁は長方形のレイアウトではありませんが、地形の特殊性に適応した不規則な形状で造られています。
それは、下の第一壁(アンテムロ・Antemural)と第二の壁(より高く、より頑丈)(壁自体)の間に形成された石畳の廊下が特徴で、どちらもより印象的な銃眼付きの胸壁を備えています。完全に石灰と骨材を型枠で固められ、9つのドアがありました。(Cercas Medievales de León – Lista Roja del Patrimonio)]

Las Cercas – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がラス・セルカス通り(Calle las Cercas)です。(Google Map)

Calle Puerta Moneda交点・カメラ北北東方向、南西方向がラス・セルカス通り(Calle las Cercas)で、二重構造の城壁の間が歩道になっています。

カメラ南南西方向がラス・セルカス通り(Calle las Cercas)です。(Google Map)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*