レオン城

マーカーはレオン城です。

レオン城(Castillo de León)
[中世の文書ではレオンの塔(Torres de León)とも呼ばれているレオン城(Castillo de León)は、スペインの都市レオンの要塞です。
レオン城は、7メートルの壁、20の塔、2つの砲塔のある古代ローマの壁の北の敷地の一部であり、中世に取り付けられた古い裏門に隣接し2つの塔と現在は半分が破壊された3番目の高さである塔、いわゆるトーレ・デル・コンデ(Torre del Conde・都市防衛士官の本部でした)を組み込まれ、楕円形の城壁で複合体全体を囲み、両サイドに中庭があります。囲いの中には、都市に水を供給する貯水槽がありました。
トーレ・デル・コンデの名前は、10世紀初頭にこの軍事機能がすでに存在していたことを示す記録があり、11世紀初頭には有名なムニオ・フェルナンデス(Munio Fernández)伯爵とその妻エルビラ(Elvira)の住居として表示されています。
レオン王アルフォンソ9世(在位:1188年 – 1230年)の妻であり、カスティーリャ王フェルナンド3世(在位:1217年 – 1252年)の母であるカスティーリャ女王ベレンゲラ(在位:1217年)によって宮殿として復元されました。
カトリック両王スペイン王フェリペ2世(在位:1556年 – 1598年)の時代に復元され、城の副官が排除され、その機能が市長の義務となったブルボン時代に放棄されました。
1800年、改修を開始し、少なくとも10世紀以降、レオン城がすでに定期的に行っていた機能である刑務所へと改築し始めました。かっての刑務所時代には、スペイン王フェリペ3世(在位:1598年 – 1621年)の時代で最も腐敗した役人の一人であるビジャロンガ(Villalonga)の伯爵ペドロ・デ・フランケザ(Pedro Franqueza)もそこに投獄され1614年死亡した。また、スペイン王フィリップ4世(在位:1621年 – 1665年)を転覆させてアラゴンの王となることを共謀した、イハル(Híjar)公爵夫人ロドリゴ・デ・シルヴァ・メンドーサ・イ・サルミエント(Rodrigo de Silva Mendoza y Sarmiento)は1664年に死亡した。
刑務所への改修はナポレオンによる半島戦争で中断され、1862年になってようやく刑務所として使用可能になりました。3階建ての正方形の本体が構築され、その上部には時計があり、管理棟と刑務所の囲いへの進入路が建設されていました。スペイン内戦中に政治囚の収容に使用された建物は、1960年に放棄されました。地方歴史文書館の本部となる改修工事は1979年に始まり、1982年に完了しました。
レオン城・wikipedia-photo]

Castillo de León – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がレオン城です。