ロス・グスマーネス宮殿

マーカーはロス・グスマーネス宮殿です。

ロス・グスマーネス宮殿(Palacio de los Guzmanes)
[ロス・グスマーネス宮殿は、スペインレオンにあるサンマルセロ広場のカサ・デ・ボティーネスの隣のにある16世紀のルネッサンス様式の宮殿です。未完成であるにもかかわらず、市内で最も有名な宮殿になりました。すでに20世紀には、レオン州議会が新しい機能に適応するためにそれを仕上げる責任があり、現在は州のオフィスを収容しています。
1963年に歴史的記念碑(BIC)として宣言されました。
ロス・グスマーネス宮殿は元コミュニティのリーダーであるラミロ・ヌニェス・デ・グズマン(Ramiro Núñez de Guzmán)は、彼の一族の宮殿の為の土地を手に入れ、そこに荘厳な家を建設するように希望しました。グズマンの家族は、最も古いレオンの血統の一つでした。 16世紀の初め、彼らはグズマン(Guzmán)、アビアドス(Aviados)、トーラル(Toral)、バジェ・デ・ボニャー(Valle de Boñar)の領主でした。
グズマンは、都市の主要なエリアの1つにある彼の古い家屋の状況とその周辺を組み込んで、大きさと建築の類型と美学を採用することで、その当時の都市環境とは異なる、ローマスタイルまたはルネッサンス建築の新しい様式の宮殿を建設したいと考えました。これを行うために、彼はその当時のカスティーリャで最も権威のある建築家の一人、ロドリゴ・ギル・デ・ホンタニョン(Rodrigo Gil de Hontañón)に宮殿の設計を依頼しました。これにより、中央に中庭を備えた長方形の宮殿が設計されました。4辺は制限なく、規則的なレイアウトの整列した通りの間に位置する必要があり、そのメインファサードは既存の広場に向かって開く必要がありました。建物は、その構造と内部分布に関連して、家族の住居としての私的領域と、所有者の身分とする貴族を反映した公共の領域とを組み合わせなければなりませんでした。
すぐに野心的なプロジェクトは既存の制限に直面しなければなりませんでした。利用可能な区画は不規則な状況で、道路が制限されていたため、新しい建物に必要なサイズよりも小さいサイズとなりました。これでも、古い壁や他の建物の内部セクションが占める領域を組み込む必要がありました。
1559年、レオン市は、周辺建物の解体とその土地の占領を許可しました。道路との整合性を達成することを目的としたさまざまな作業の実施についても承認されました。 その年建設が始まりました。建築技術者として執行を担当したのは、巨匠フアン・リベロ・デ・ラダ(Juan Ribero de Rada)の先生であった、ロドリゴ・ヒル・デ・オンタニョン (Rodrigo Gil de Hontañónn)でした。1566年には、現在のサン・メルセロ広場に面したメインファサードが建設されました。 1586年と1587年に、民家の取得と解体が行われ、作業を継続し、公共広場のスペースを拡大しました。
16世紀の終わりに建設は中断され、宮殿は不完全になりました。
17世紀中には、宮殿が家族の主たる住居でなくなり、その悪化が始まると、宮殿は定期的に居住されなくなります。すでに1654年と1656年には、屋根、コーニス、中庭などの修理と改修が必要になります。
19世紀の40年代に、州政府は部分的な修理を行うオフィスを設置するために建物の一部を借りました。1881年の後半、レオン州政府は、当時の所有者であるペニャランダ・デ・ブラカモンテ(Peñaranda de Bracamonte)伯爵から建物を購入しました。
レオン州政府の買収によりロス・グスマーネス宮殿の改修が始まり、数次にわたって修復が行われました。1960-1970年に建物の一応の修復をみましたが、現在も修復は継続しています。
「ブロードストリートに面するロス・グスマーネス宮殿のファサード。」・wikipedia-photo、改築前の宮殿(1860年 – 1886年)・wikipedia-photo、夜景・wikipedia-photo、宮殿のパティオ・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ロス・グスマーネス宮殿に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

Palacio De Los Guzmanes – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がロス・グスマーネス宮殿です。

ロス・グスマーネス宮殿中庭のカメラです。

ロス・グスマーネス宮殿中庭の360citiesです。