サン・マロ城(サン・マロ市庁舎、博物館)

マーカーはサン・マロ城(サン・マロ市庁舎、博物館)です。

サン・マロ城(Château de Saint-Malo、サン・マロ市庁舎、博物館)
[サン・マロ城は、15世紀から18世紀の間に建てられた建物で、ブルターニュフランス)の城壁都市サン・マロ(サン・セルヴァン (Saint-Servan) )の東に位置しています。この城は、ブルターニュ公がサンマロ(サン・セルヴァン (Saint-Servan) )市の守護のために建てたものです。 1886年7月以来、歴史的建造物として分類されています。
1395年にブルターニュ公からフランス国王に割譲されたサン・マロは、1415年にフランス国王チャールズ6世(在位:1380年 – 1422年)によって、彼の義理の息子であるブルターニュ公ジャン5世(在位:1399年 – 1442年)に返還されました。 そのすぐ後、1424年に、彼は地峡に要塞を建設することで未来の城の建設を開始しました。
要塞は、14世紀のサン・セルヴァンの原始的な囲いの一部、つまりサン・マロ城と西の城壁に基づいています。しかし、サン・マロ城は城壁から切り離されているという特徴があります。
サン・マロ城は、馬蹄形の平面を備えた高層の建物です。その結果、都市に面した大きな切妻出し狭間の銃眼付き通路を部分的に覆う高い屋根、および2つの望楼を備えた独特な輪郭ができました。
1475年、ブルターニュ公フランソワ2世は、サン・マロ城よりも低いが、より巨大なゼネラルタワー(Tour Générale)を建設しました。
フランスの将来の女王である彼女の娘アンヌ・ド・ブルターニュ(ブルターニュ女公・在位:1488年 – 1514年、シャルル8世(在位:1483年 – 1498年)、ルイ12世(在位:1498年 – 1515年)の2代のフランス国王の王妃)は、1498年から1501年までに、クイック・アン・グローニュ(Quic-en-Groigne)と名付けられた塔を建てました。旧市街を監視するためにサン・マロ城に新しい塔を建設することを拒否したサン・セルヴァン (Saint-Servan) 住民の意志に反して建てられたため、 古い「うなるだけ」を意味するフランス語の『Quic en Groigne』というあだ名がつきました。フランス革命期には消された碑文『Quic en groigne、ainsy sera、c’est mon plaisir!』を読むことは可能でした。(音楽サークル『QUIC-EN-Groigne』で「Quic en Groigne」について説明されています。)
アンヌ・ド・ブルターニュの死後に起きたフランスによるブルターニュ併合は、生前の彼女の中心的な課題であり、闘争であった。彼女はまた、貪欲な隣国から公国の独立を守ろうとした人物として、ブルトン人の記憶の中で生き続けている。
他の2つの塔、レディースタワーとミルズタワーは、その後数年で建設されました。
1590年、知事がプロテスタントフランス王アンリ4世(在位:1589年 – 1610年)の支持者に都市を引き渡すのを防ぐため、サン・マロの住民は暴動をおこし、サン・マロ城は襲われ知事は殺されます。17世紀に船の船首の形をしたギャレー(Galère)の砦で防御を補完されました。フランス王ルイ14世(在位:1643年 – 1715年)の治世中の1690年、要塞長官セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバンはパリのエンジニアであるシメオン・ガランガウ(Siméon Garangeau)にカーテン(2つの要塞を結ぶ城壁)の壁と塔の上部を改造して、大砲の設置を許可しました。兵舎として機能する2つの建物が北翼と東翼に沿って建設されています。
1765年、フランス王ルイ15世はブルターニュ議会司法長官、ラ・シャロタイ(La Chalotais)を城に閉じ込めました。
フランス革命の間、Quic-en-Groigneとゼネラルタワーの塔をつなぐカーテンウォールはなくなりました。1792年、城は再びサン・セルヴァン (Saint-Servan)の住民によって襲撃されました。
19世紀には、サン・マロ城は兵舎になり、この状態は1921年まで続き、市は1927年に現在の博物館建物の一部を購入しました。
第二次世界大戦中、1944年にサン・セルヴァン (Saint-Servan)が解放されたとき、城はひどく損傷し、その後修復されました。
現在、古い兵舎は装備され、サンマロの市庁舎のサービスを収容しています。ゼネラルタワーとグサン・マロ城には、市歴史博物館とペイマロウイン(Musée d’Histoire de la Ville et du Pays Malouin)があります。
サンマロ城への入り口・wikipedia-photo、「左にQuic-en-Groigneタワー、右に背景にサン・マロの旗が浮かぶサン・マロ城、手前にゼネラルタワー、その手前遊歩廊が城壁です。」・wikipedia-photo、Quic-en-Groigneタワー・wikipedia-photo、現在、市庁舎サービスを収容している2つの古い兵舎の建物・wikipedia-photo、左側にはミルズの塔があり、古い兵舎の後ろにはギャレー(Galère)の砦があります・wikipedia-photo]

[サン・マロ城とサン・セルヴァンのソリドール塔。そこは、ホーン岬についてのサン・マロ博物館の収集品を収蔵している。多くの縮小模型、航海用の器具、そして遥か彼方の停泊地への往来の間に船乗りたちによって作られた物が、訪問者を19世紀の終わりと20世紀の初めの風変わりな大型帆船での旅にいざなう。
サン・マロは、中世にはランス川河口の要塞化された島で、河口だけでなくその向こうに広がる公海を統御していた。今ではサン・セルヴァン (Saint-Servan) 地区となっている現在の中心地の南方、Aleth岬の砦はローマ時代以前からランスへ接近するものを見下ろしていた。しかし、現代のサン・マロは、6世紀初期に聖アーロン(Aaron of Aleth)と聖ブレンダン(クロンファートのブレンダン)によって設立された修道士の居住地にその起源を遡る。その名前は、ブレンダンの弟子だったと言われる聖マロに由来する。
サン・マロは、その後、誰の命令にも服さない、凶暴な海賊の根城として悪名高くなった。1590年から4年間、サン・マロは、「フランス人でもなく、ブルターニュ人でもなく、サン=マロ人だ」というモットーを掲げて、独立共和国であるとの宣言さえした。サン・マロの海賊・私掠船「コルセール」は、英仏海峡を通るイギリス船に通行料を課しただけではなく、さらに広い範囲から富を持ち帰った。セントローレンス川を航行し、現在のケベック市モントリオールの地を訪れ、それゆえにカナダの発見者とされるジャック・カルティエは、サン・マロに住み、サン・マロから航海した。フォークランド諸島へ移住する最初の入植者も、ジャック・カルティエと同様に、サン・マロから出航したので、この島のスペイン語名「Islas Malvinas(マルビナス諸島)」はフランス語の「Îles Malouines」から来ている。
サン・セルヴァン市は、パルメと共に合併され、1967年にサン・マロ市になった。

サン・セルヴァン要塞図(地図にはグラン門(Great Gate)とディナン門(マリーナ門・Marina Gate)が描かれ、Quic-en-Groigneとゼネラルタワーの塔をつなぐカーテンウォールが描かれています。)

   (wikipedia・サン・マロより)]


Château De La Duchesse Anne – Google Map 画像リンク」「Musée d’histoire de la ville – Saint-Malo – Google Map 画像リンク」「Tour Quic-en-Groigne – Google Map 画像リンク」「メリー – Google Map 画像リンク」

カメラ北東方向がサン・マロ城です。カメラ東方向の円塔がゼネラルタワーです。

サン・マロ城門前のカメラです。

サン・マロ城門前北側のカメラで、」左の建物がQuic-en-Groigneタワーです。

カメラ位置はサン・マロ城内中庭で、入口左がサン・マロ城で、カメラ北方向両サイドが旧兵舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*