ノートルダム・アン・サン・メレーヌ教会(サン・メレーヌ修道院)

マーカーはノートルダム・アン・サン・メレーヌ教会です。

サン・メレーヌ修道院(L’Abbaye Saint‐Melaine)
[サン・メレーヌ修道院は、フランスのイルエビレーヌ県レンヌにある修道院教会です。中世の町の中心部の北東部にあるサンメレーヌ通り(Rue Saint-Melaine)の東端にあります。タボール公園の西端に南側の正面が接しています。
この聖域は、6世紀にここで亡くなったレンヌの最初の司教として伝統的に考えられていたサン・メライン(Melaine)に捧げられています。 彼はサン・メレーヌ修道院が建てられたレンヌのシャン・デュ・レポ(Champ du Repos)の丘に埋葬されています。
教会は19世紀前半に大聖堂として機能しました。 1803年から1844年にかけて、レンヌのサンピエール大聖堂は18世紀の終わりに崩壊し、まだ再建されていなかったため、大聖堂や聖域として使用できなくなりました。したがって、レンヌ司教のエティエンヌ・セレスティン・エノック(Étienne Célestin Enoch)は、ノートルダム・アン・サン・メレーヌの修道院教会に教区の席を一時的に設置することを決定し、それが親大聖堂、つまり仮大聖堂になりました。
サン・メレーヌ修道院は、今日ではクラシックで新古典主義の鐘楼の後ろにあるロマネスク様式ゴシック様式の複合建築物として存在しています。 その計画はラテン十字架の形をしています。
歴史
原始的な教会は、5世紀末から6世紀初頭にレンヌ司教であるサン・メラインの墓の上に建てられました。7世紀と10世紀に2度焼失して再建されました。逃げることを余儀なくされた修道士たちは、10世紀に彼らの守護聖人の遺体を持ち出し、トゥーレーヌのルイイ(Reuilly)の修道院に避難するようになりました。
教会は11世紀に再建されました。 1026年、建設が始まりますが、その時の教会の対応が地域では称賛されました。
レンヌ伯のジェフロイ・グレノナット(Geoffroy Grenonat)は、サン・メレーヌの修道院を修復したかった。 1054年、彼はサン・フロラン・ド・ソーミュール(Saint-Florent de Saumur)の修道院長であるシゴ(Sigo)に代議員を送り、修道院をかつての素晴らしさまで回復させることができる修道院長を求めました。シゴ(Sigo)はエヴェン(Even)という名の修道士を推薦しました。新修道院長エヴェン(Even)は前の創立者サン・メラインの遺物を最初の休息地に戻したいと考え、その一部を所有していたランス大司教のゲルヴェ・ド・ベルメ(Gervais de Belleme)を頼りました。
ロランス(Rorans ※名前 地名?)は、サン・メレーヌの聖遺物の一部を手に入れ、それをアルジャントレ(Argentré)で尊敬され大事に保存されていました。
この事実を、手紙の中で、ランスの大司教であるゲルヴェ・ド・ベレムがレンヌのサン・メレーヌ修道院長であり改革者であるエヴェン(Even)に伝えましたが、エヴェン(Even)の譲渡を求める要望が強く、その固執さゆえ最終的にサン・メラインの遺物はサン・メレーヌ修道院に譲り渡されました。
部分的に改造されたロマネスク様式の修道院教会(ベルタワーポーチの基部、身廊の一部、十字架、翼廊)の年代が議論されています。 その建設は、1081年から1109年までサン・メレーヌの修道院長であるゲルヴェ(Gervais)に起因することが多いが、マルク・デセヌ(Marc Déceneux)によれば、教会には聖歌隊があったでしょう。聖歌隊はその後消滅し、再建され、生き残った要素は11世紀の最初の3分の1の建物の特徴を持っています。
13世紀前半、中央交差部はヴォールト付きの丸天井で覆われていました。
14世紀、ブルターニュ継承戦争中、修道院は略奪され、修道士はシャピトレ通り(Rue du Chapitre)のプチ・サンメレイン(Petit Saint-Mélaine)と呼ばれる家に壁画を作りました。身廊と高い窓のアーチと聖歌隊がやり直されます。1432年、鐘楼が再建されました。
1627年8月21日、サンモーレ会衆(Congregation of Saint Maur)はサン・メレーヌ修道院に定住し、大幅な修正を行いました。
1676年、ジャン・デストレード(Jean d’Estrades)修道院長の下で、鐘楼の正面は石灰岩で完全に作り直されました。 11世紀の古い回廊の柱はブルターニュ(レンヌ)美術館に保管されています。
サンメレーヌ修道院教会は1791年に教区となり、修道院は廃止されました。
18世紀に崩壊した、サン・ピエール大聖堂の再建中で、同じ名のサン・ピエールの名前で1803年から1844年に親大聖堂として建てられ、1844年にノートル・ダムの名前で再び教区になりました(現在 「ノートル・ダム・アン・サン・メレーヌ(“Notre-Dame-en-Saint-Melaine”)」)。
メスレ(Meslé)という名前の教区司祭(下記の建築家と混同しないようにしてください)は、教会を装飾し、その頂上をレンヌの最高地点とし、街全体から見えるようにしました。 1855年、鐘楼は、有名な建築家ジャック・マリー・メレット(Jacques Marie Mellet)によって追加の階に上げられ、アンジェの聖職者のチョイエ(Choyer)神父により聖母の像に鉛の金メッキが施されました。
教会は、1926年10月14日以来、歴史的記念物として登録されています。第二次世界大戦中に破損し、1960年代に修復されました。2013年7月2日の法令により歴史的記念物に指定されました。
レンヌのノートルダムアンサンメレーヌ大聖堂・wikipedia-photo、タボール公園の西側の入り口近くに位置・wikipedia-photo、中央身廊・wikipedia-photo、身廊の北側のアーケード・wikipedia-photo、ダイアフラム(仕切板)アーチとクワイヤ・wikipedia-photo、翼廊のアーケード・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、レンヌN.-Dの塔からの黄金の聖母・wikipedia-photo、レンヌN.-D.の塔、コルビノー(Corbineau)の彫刻・wikipedia-photo]

Saint-Melaine Church – Google Map 画像リンク」「Saint-Melaine Church – Google Map 画像リンク」

カメラ東北東方向がノートルダム・アン・サン・メレーヌ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*