グラン門

マーカーはグラン門です。

グラン門(Grand Porte)
[グラン門を潜りGrand Rueを直進すると、サン・ヴァンサン大聖堂後陣に行きつきます。]

グランポルトのノートルダム寺院
[グランポルトのノートルダム寺院は、サン・マロサン・ヴァンサン大聖堂にある聖母子像です。
1919年10月25日以来、歴史的建造物の対象として分類されています。もともとは、ポルト・ノートル-ダム・デ・ランパール・ドゥ・サン・マロ・イントラミュロス(Porte Notre-Dame des remparts de Saint-Malo intramuros)と呼ばれるグラン門の上に置かれていましたが、コ海の空気や悪天候から保護するために、ピーに置き換えられ、修復後、2003年にサンマロの大聖堂に設置されました。
彫像は15世紀または17世紀のものです。 石灰岩で作られ、塗装されています。 私たちはその起源(ノルマンディートゥーレーヌスペインなど)を知りませんが、サン・マロでは彫刻されていません。
いくつかの伝説と奇跡があります:船乗りは水に浮かんでいるのを見つけてサン・マロに持ち帰ったとされます。1378年に子供が地面を指しているのを見て、イギリス人が都市に入ろうとするトンネルを発見することができたとされます。また1661年のサン・マロの火災には、立ち上がって、像が部分的に焼かれて火を止めたとされます。これにより、「奇跡の聖母」とも呼ばれるようになりました。
フランス革命の間、像は斬首され、数年後に復元されました。1842年、住民の請願書はグラン門(Grand Porte)の上に保管することを要求しました。
1944年8月13日、第二次世界大戦におけるサンマロの解放(Libération de Saint-Malo)のための戦いの間、砲弾が近くで爆発して倒されました。
サンヴァンサン大聖堂のグランポルトのノートルダム寺院・wikipedia-photo、グラン門(Grand Porte)の上の彫像のコピーで、8月15日に祝われます。・wikipedia-photo]

サン・セルヴァン要塞図(地図にはグラン門(Great Gate)とディナン門(マリーナ門・Marina Gate)が描かれ、Quic-en-Groigneとゼネラルタワーの塔をつなぐカーテンウォールが描かれています。)

The Great Gate – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がグラン門です。

カメラ東南東方向がグラン門で、門上にグランポルトのノートルダム寺院彫像のコピーが祀られています。また、カメラ南南東方向に城壁への階段があります。