サン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂

マーカーはサン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂です。

サン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂(Cathédrale Saint-Pierre de Rennes)
[この場所は、6世紀頃から司教区の本部として使用された。最初の建物は12世紀にゴシック建築の教会に建て替えられたが、15世紀に塔やファサードの西側が崩壊した。現在の新古典主義建築のファサードは、16世紀から17世紀にかけて作られたものである。  (wikipedia・レンヌより)]

[レンヌのサンピエール大聖堂は、ブルターニュ地域圏のレンヌ市の中心部にあるローマカトリック大聖堂です。レンヌ、ドル、サンマロの大司教区(Archidiocèse de Rennes, Dol et Saint-Malo)の所在地です。 クラシックなスタイルのブルターニュにある9つの歴史的な大聖堂の1つです。1906年10月30日以来、歴史的建造物として分類されています。
古い建物の歴史
現在の大聖堂の場所は、6世紀から司教座聖堂の席として使用されてきました。古い聖域の代わりに建てられた可能性があります。
古い建物は、12世紀にゴシック様式の教会に完全に置き換えられました。1483年12月25日にイングランド王ヘンリー7世(在位:1485年 – 1509年)が亡命し、その後ブルターニュに亡命した後、イングランド王エドワード4世(在位:1461年 – 1483年)に忠実なまま軍隊を結集するためにエリザベス・オブ・ヨークと結婚することを約束するのは、この大聖堂です。1486年のこの効果的な結婚は、薔薇戦争の終わりを封印し、最初の2人の王妃(マリー1世(在位:1553年 – 1558年)とエリザベス1世(在位:1558年 – 1603年))を含む5人の君主をイギリスに与えるテューダー朝を開始します。
1490年、ゴシック様式の教会の塔と西側のファサードが崩壊しました。その結果、西部山塊の永久的な再建が行われましたが、これは163年続き、今日知られている花崗岩のファサードで頂点に達しました。
大聖堂は1720年の火災を免れ、数十メートル先のサン・ソーブル教会のレベルで停止しました。
しかし身廊クワイヤは修復されておらず、崩壊の危機に面していました。1730年、建築家のジャック・V・ガブリエル(Jacques V Gabriel)は、その部分は改修不可能と考えていました。
エンジニアのアベイユ(Abeille)はギリシャ十字の計画で建物全体を再建することを提案していましたが、彼は1752年にプロジェクトの実行開始前に亡くなりました。
1754年2月11日、完全な宗教的奉仕で、クワイヤのボールトから大きな石が取り除かれました。司教のルイ・ガイ・ド・ゲラピン・ド・ヴァレアル(Louis-Guy de Guérapin de Vauréal)は、王のお抱え建築家の協力を求めました。王のお抱え建築家アンジュ=ジャック=ガブリエル(Ange-Jacques Gabriel)の2人の協力者、ジャック=ジェルマン・スフロ(Jacques-Germain Soufflot)とニコラス・マリー・ポタン(Nicolas Marie Potain)は、1762年4月にレンヌに行きました。
現在の建物の歴史
その後、完全な崩壊を避けるために、最近の堅実な建築のファサードを除いて、建物全体を再構築する必要があると思われました。2人の建築家は、建物の方向を逆にして、アプスに配置されるタワーのみを保持することを推奨しています。
ニコラス・マリー・ポタン(Nicolas Marie Potain)によって与えられたプロジェクトは、1762年3月9日に議会でフランス王ルイ15世(在位:1715年 – 1774年)によって承認されました。国立公文書館に保管されています。
解体は1756年から1768年に行われました。しかし、資金調達が困難を極め、王はためらい、プロジェクトは凍結されました。1780年、救援委員会は再び王の支援を要求しました。その後、ナントの建築家マチュリン・クルーシー(Mathurin Crucy)は、建物の古い方向性と840,000ポンドより合理的な見積もりを尊重したプロジェクトを発表しました。再建は1787年に始まりましたが、フランス革命により仕事を停止しました。1811年4月19日の帝国令では、最初の記事でレンヌ大聖堂が完成することを規定しています。 それにもかかわらず、その適用は遅れています。
1816年に、マトゥリン・クルーシーとフィリップ・ビネット(Philippe Binet・1742-1815)の共同指揮の下、作業が再開されました。1826年のクルーシーの死後、彼らは中断することなく、市の建築家ルイ・ガイ・リシュロット(Louis-Guy Richelot)の指揮の下、企業MM. Boyとビネット(Binet・建築家フィリップ・ビネットの息子) によって実行されました。古典的なファサードを備えた新古典主義の大聖堂は1845年に完成しました。
1844年4月7日のイースターの日曜日に、レンヌの最初の大司教ゴデフロワ・ブロシー・サンマルク(Godefroy Brossay Saint-Marc)は新しい大聖堂を開設しました。
2009年7月から、サンピエール大聖堂では、室内装飾の大規模な清掃作業とステンドグラスの窓の修理が行われました。2012年の終わりに最初に計画された就任式は、ついに2014年11月に開催されました。
大聖堂のファサード・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、「アルフォンス・ル・エナフ作『天国の鍵をキリストによって聖ペテロに引き渡す』(1871年頃)を表す後陣の半ドーム・wikipedia-photo、内陣のアーカバス(Arcabas)作の家具(1995年)・wikipedia-photo、「アルフォンス・ル・エナフによるヴァンヌ教区の『聖人』(1875年〜1876年頃)」・wikipedia-photo、大聖堂のオルガン・wikipedia-photo、大聖堂の聖歌隊オルガン・wikipedia-photo、大聖堂のペディメントwikipedia-photo、祭壇画のプレデラを飾るアンとヨアヒムの結婚式の様子・wikipedia-photo]

レンヌ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂です。

サン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂身廊のカメラです。

サン=ピエール・ド・レンヌ大聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*