シャン・ジャケ広場

マーカーはシャン・ジャケ広場です。

シャン・ジャケ広場(Place du Champ-Jacquet)
[シャン・ジャケ広場はフランスのイルエビレーヌ県レンヌの歴史的中心部にある広場で、広場の北には、シャン・ジャケ通り(Rue du Champ Jacquet)があります。
通りとシャン・ジャケ広場の名前は、シャトールノー通り(Rue Chateaurenault)にある古い城壁のジャケ門(Porte Jacquet)から名付けられました。
この広場には17世紀の木組みの家があります。5番地の、タイズのヘイホテル(Hôtel Hay de Tise)は、すべての材料が当時の、木組み、白い石、花崗岩で造られています。広場の中央には、フランス革命期のレンヌ市長ジャン・レペルディット(Jean Leperdit)の像が立っています。
1792年、彼は市の役人と一緒にコミューンを管理するために選ばれた32人の著名人の一人であり、1793年から、監督委員会のメンバーでもあり、容疑者のリストを作成し、逮捕状を発行する責任があります。彼はフランス革命時の囚人の運命を気にかけ、容疑者のリスト作成を、ストップさせました。ジロンド派のジャン・バプティスト・キャリア(Jean-Baptiste Carrier)の代表団が1993年9月にそれを「再発行」するためにやって来ました。彼は、ギロチン囚人のリストを破ることで、キャリアに反対することで有名になりました。このエピソードが起こらないとしても、数か月後(1794年2月)に市長に任命されたのは確かです。彼はフェデレス(Fédéré・フランス革命中の1792年の夏にフランス国家警備隊に志願した軍隊)への市民権証明書を拒否しました。 しかし、彼は囚人の運命を気にかけ、レンヌでのテロの影響を和らげるために働いています。
テルミドールのクーデター(1794年7月27日)の後、テロ後を組織するために来たジャン=フランソワ・ブルソー=マルヘルブ(Jean-François Boursault-Malherbe)は、集まったレンヌの人々の拍手の前に、市長の続投を要請しました。したがって、レペルディットは平和な政治信条の基で彼の政権を続けています。彼は1795年10月に市長としての議長を辞めましたが、さまざまな政権の下で、ほぼすべての市議会に亡くなるまで在籍していました。彼は1823年に亡くなり、教会の秘跡を拒否しました。彼の伝説はすぐに生まれました。19世紀を通じて、彼は公正で穏健な共和国を体現しました。
その伝説は、ギヨーム・レジャン(Guillaume Lejean)、ジュール・ミシュレット(Jules Michelet)が取り上げたエミール・スヴェーストレ(Émile Souvestre)の架空の物語から取られています。
「広場の木組みの家々とレペルディットの銅像。背景には、シャンジャケ通りがあります。」・wikipedia-photo、ジャンレペルディットの像・wikipedia-photo]

Place du Champ Jacquet (Leperdit statue) – Google Map 画像リンク

カメラ位置はシャン・ジャケ広場で、カメラ北西方向にレペルディットの銅像、その右に木組みの家があります。

木組みの家前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*